Amazonで返金したのに内訳が変!その理由とは?

Amazonで返金をしたのに、全額かえってきてないということはありませんか?

全額返ってこないのはなぜなのか?

Amazonのミスなのか?

計算式を知りたい!という人へその理由をまとめてみました。

1.Amazonの返金は全額じゃない?その内訳は?

返金の計算方法があるようですがテクニカルサポートでは明確な内訳を伝えてくれる可能性は低いようです。

返金された金額は購入金額の差異があることもしばしばあるようです。

差異の有無については商品や期間などいろいろあるようですが、返金レポートから確認してもすべて金額は違うようです。

金額が違う、商品代金がそのまま返ってくると思っていた人にはこの返金はミスじゃないの?と思われますが、Amazon側にはなんら意図があって、差額があるようです。

2.Amazonの返金が全額じゃない時はどんな時?

返金の金額は、

・返品交換期間に返品したのかしていないのか

商品のカテゴリーによる

返品や交換の理由

により違ってくるようです。

また返品や交換が可能な商品は商品到着から30日以内のものを受け付けていると記載されていました。

3.返金理由で嘘をつくと罰則はある?

返金をする理由を嘘をつくと罰則はということですが、嘘の度合いやAmazon側で真実と異なっていることが明らかだった場合は罰則があるのかもしくは返金されないという事もありえる話です。

どういった事情であれ、返金してほしい理由を正直に述べたほうが返金にはつながりやすいと思います。

嘘をつくことはあまりよくありません。また嘘だとバレた時に面倒なことが起こっても大変なのでやめたほうがいいでしょう。

4.最新のAmazonの返金ポリシー

最新のAmazonの返金ポリシーは以下のものになっています。

もしもあなたが返金の金額がおかしいとおもっている場合には以下の条件を満たしているのか確認した方が良いでしょう。

・Amazonから購入した商品は返品交換は30日以内におこなうこと。

・30日を過ぎると返金される金額が商品代金の20%減額されます。

お客様都合の場合の返金(返品・交換)

・未使用であり、未開封の場合は全額の返金

・開封してしまったものは商品の金額の50%の返金

商品によっては、その商品だけの返金ポリシーがある場合があります。

・Amazonデバイス

まとめ買いをし、割引担った場合は割引金額は商品個数でわられたものが返金金額になります。

・服やファッション小物やシューズやバッグなどのアパレル品

配送料や手数料やギフト用のラッピング代は返金できない。お客様事由に関しての返金はできません。

福袋は交換へ返金対応はしていない、不良品だった場合のみ受けつけてくれす。

・腕時計やジュエリー

配送料や手数料やギフト用のラッピング代は返金できません。

福袋は交換へ返金対応はしていない、不良品だった場合のみ受けてくれます。

上記の条件以外に問題がありそうな場合はこちらから確認してみてください。

Amazonの返金の内訳まとめ

いかがでしたでしょうか?

返金の時に全額が返金できない場合もあることに驚きですが、それにも様々な差額があるようです。

差額があった場合、計算方法がきになるところですが、明確な差額の記述は記載されていませんでした。

差異があった場合はその原因を知りたいところですが、差異については商品や期間によって異なることになっているので、その商品の返金について、Amazonのテクニカルサポートにお問い合わせしたほうが明確な回答が返ってくると思います。

返金を申請する際に嘘をつくという事は良いことではありません。

一度はそれでとおったもののそれ以降は適応されないことがあったりアカウントが目をつけられてしまったりなどそうゆうもケースも絶対にないわけではないとおもうので、きちんと現状を報告することにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする