不良品がきた!返金のお伺いをたててもいい?

メルカリなどのテレビCMも多く見かけるようになりました。
個人と個人の取り引きで、モノの売買が簡単にできるようになって便利になったり、欲しいものが手に入る世の中になってきたのは事実ですが、それにともない不良品を送られてくるというケースも増えています。
個人間の取り引きで、返金や返品のお伺いをたてることができるのか、調べてみましたのでご参考になればと思います。

1.不良品が送られてきた!返金・返品のお伺いを立てるべき?

不良品が送られてきた場合、返金・返品のお伺いをたてるべきかという事ですが、これは返金返品の伺いは立てたほうが良いと思います。
不良品がどのような状態かによりますが、明らかに販売者の方に非があった場合は対応してくれることが大半です。

例えば商品とまったく違うものであったり、すでに壊れていて使えなかったものだったり、配送の途中で梱包が原因で壊れてしまっていたりするものなどの場合は返金・返品を受けてもらえることが多いようです。

2.粗悪品に対して返金・返品できないことはある?

粗悪品が送られてきて返金や返品ができないことはあります。
粗悪品の販売者の方で利用規約として「返金返品はいかなる場合であっても対応しません」とはっきり書いてあるならば、返金返品はその利用したサイトによっては対応をしてくれないことも。
メルカリなどでは返金返品の交換などは直接交渉のようなので、まずは販売者さんに連絡してみて対応してもらいましょう。

3.返金のお伺いを立てたのに無視された!訴えることは可能?

返金のお伺いをたてたのにも関わらず、相手から連絡の返信がないなどといった無視をされている場合、レスポンスが遅いだけの場合もありますのでまずは2-3日まってみましょう。
また、レスポンスが遅いだけではなく完全に「無視」をされている状態の場合は返金したい内容や理由にもよりますが、訴えることは可能です。
訴えるという行動を起こす前に、直接連絡をとれる別の手段がないのか探してみましょう。
たとえばメルカリなら運営側に連絡をしてみるとか、連絡手段は多々あるはずです。
それでも、返金を求めるような商品を送られてきて対応してもらえない場合は、訴えることは可能です。
訴えることをする場合それを訴訟(そしょう)と言いますが、弁護士さんに頼むことが一番こちらには手間がか掛かりません。
しかしながら、弁護士事務所を通して訴えるとなれば費用がかなりかさむという事を知っておいたほうが良いでしょう。

弁護士事務所には成功報酬型という報酬の支払い方がありますが、それでも安いものではありません。
返金を求める金額は少額である場合は自身で訴訟手続きをすることができます。
これを少額訴訟制度と言い、金額が60万円以下の場合のみ行うことができます。

ただし、自分で足を運ぶことが多くなりますので時間や手間は弁護士事務所に頼むよりも労力を費やすことになります。
ただ、訴えてから解決への時間は短いようですのでどうしても訴えたいという場合は少額訴訟制度を利用してもいいかもしれません。

4.メルカリやヤフオク!での取引で消費者センターは動いてくれる?

消費者センターは消費者に対して動いてくれるので、個人間の取り引きのやりとりであっても対応はしてくれると思います。
ただ、ここで意見が分かれるのは「まったく使えない」という場合もあるという事です。相談窓口にいってもきちんと取り合ってくれなかった、などという場合もあるようです。
また、国の方を頼ったらもっと寄り添って解決につながったという人もいますので、国の機関を頼ることも視野にいれておくとよいかと思います。

返金の伺いは必要か まとめ

返金のお伺いに関していかがでしたでしょうか?
返金に関しては個人間の取り引きの場合、利用したサイトがメルカリなのかAmazonなのかヤフオク!なのかによって、規約が大きくかわってきます。
利用規約のところにきちんと対応が書かれていればよいのですが、あまりそういった規約やポリシーがない個人の販売者さんである場合は、お伺いをたてる迷ってしまいますよね。

しかし、明らかに販売元に非がある不良品が送られてきた場合は、購入者さんも納得がいかないと思います。納得いくような対応を販売元がしてくれれば問題はありませんが、まったく対応をしてくれないとなると困りますよね。
不良品を送られてきて困っているというお伺いをたて、まずは連絡してみるのが一番です。
通常普通の販売者さんなら返金や返品に応じるものだと思います。

ただし、商品自体に問題はなく購入者事由の返金や返品に関しては応じてもらえないことも多いです。
また、不良品を送られてきて無視をされ続けた場合には訴えることが可能ですが、弁護士に頼むなら弁護士費用の金額がかかってきますし、結構労力をつかうものになってきます。

少額訴訟制度をつかって訴えることは可能ではありますが、一度利用したサイトに連絡してそちらで対応してもらってからのほうがいいですね。
どちらにしても高額の商品だった場合はそれを取り返したいと思うので、取る行動はさまざまにありますが、まずは落ち着いてください。
また、返金を求めていてもその理由があなたのイメージの違いだったりする場合は返金や返品の理由にはならないことがありますので、しっかり理解しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする