商品販売するときは返金ポリシーに一筆加えるべきなのか?

これからヤフオクやメルカリ、転売やECサイトを運営していこう!と考えているけど販売することにあたって、返金返品交換などは商品の詳細ページに一筆追記しておいたほうがいいのか迷う人もいると思います。

結論はどう書くのかは置いておいて、一筆かいておくことをおすすめします。

詳しくまとめました。

1.商品を販売する際には返金ポリシーは書くべき?

商品を販売する際には必ず返金ポリシーを書いたほうが良いでしょう。

返金ポリシーを一筆するだけで、様々なトラブル(問題)が起こってしまったときもポリシーにかいてあることで返金が受けられないという事をお客様は知ることができますし、早期問題解決に繋がります。

返金が出来ない商品や、返金理由はお客様事由ではないこと、返金はどんな場合でも対処するなど販売元により考えも変わってきますが、お客様側はもし何かあった場合の保険があることで安心して商品を購入することができます。

返金にまったく対処していない場合であってもクレームなどが起こった場合は返金ポリシーに一筆書いてあるだけで効果が違います。

商品を販売している人でまだ返金ポリシーを書いていない人に関しては追記することをおすすめします。

2.個人がフリマアプリで販売する場合も返金については一筆添えるべきなのか?

販売元が個人の場合であっても返金については一筆添えるべきなのか?という事ですがもちろん答えはYES。

返金についてまったくなにも書いていない場合はなにか問題があった時にこちら側はなにも言えなくなってしまいます。

もちろん販売した商品に不備がある不良品だった場合は販売元の個人の方に原因があるので返金や返品交換などには対処しなければいけないことがありますが中にはクレームをつけてくる人もたくさんいるかと思います。

そうなった時に毎回返金をしていたらまったく利益にならない上に、手間ばかりかかって販売元がマイナスになってしまうケースもありますので、返金については一筆添えていたほうがいいでしょう。

3.ヤフオク!などで返金の条件などを書いていないとトラブルになる?

返金の条件などを書いていない場合、様々なトラブルになる可能性が高まります。

ヤフオクでは禁止行為に、「購入者にたいして誤解を与えるような表示をすること、商品の説明を十分にしないこと」と書いています。

これらは判断が非常に難しく仮に販売元が「商品の説明を十分にしている」と思っていても購入者や落札者は届いたものに対して「思っていたものと違う、商品ページにそんな事は書いていなかった」などと難癖をつけてくる可能性があるという事です。

また誤解を与えるような表示をすることも禁止されていますが、これらも購入者と販売者間でのイメージの違いなどがあった場合、クレームなどトラブルの原因になります。

明らかに販売元側の不備である場合。

・届いた商品が買った商品と違うものだった

・使おうとおもったら不良品だった

というときには販売元が対処を行わないといけませんが、そうでない場合はもしトラブルがおこった場合には「返金の条件」などを書いておくことで虹トラブルなどは起きないように出来ます。

4.返金について一筆書くことのメリット・デメリット

書いておくことのメリット、デメリットはこちらです。

メリット

返金について一筆書いておくことのメリットデメリットですが、

メリットといえば余計なトラブルを防止できることです。

不良品や不備や故障があった物に関しては、販売元が原因のトラブルに関しては返金などの対応はしないといけませんが、購入者側のクレームのようなものに関しては一筆かいてあるとかなり有効です。

またクレーマーの傾向の参考に。

商品に対する状況を伝えたがらない(確認させないとする)

証拠を隠そうとする(不良品として返金させた商品をそのまま手元においておこうとする)

返金を急かす(お金に関する事を強く急かしてくる)

クレーマーは不当な要求をしてきますので、返金について一筆とっておくことで、不当な要求を回避できることもできます。

デメリット

例えばあなたの販売する商品が「いかなる場合も返金・返品・交換は承っておりません」と返金条件に記入した場合、お客様は「なにかあった場合でも対処してくれないのか」という印象を持つ人も多いことでしょう。

そこから離脱し、購入に繋がらなくなることもゼロではないと思います。

しかしそこをデメリットとして受け取るのか、「うちの商品には自信があるから」とはっきり書くのかなど、商品の種類にもよりますがそこは経営の仕方ですね。

また、「お客様事由の返金返品交換はできません」と書いておくことがベターなのかもしれません。

返金について一筆添えるときまとめ

いかがでしたでしょうか?

できるだけトラブルは避けたいものです。

販売などをしていると、お客様と販売元の間ではなくならないトラブルですが、もしトラブルがあった場合に損害などを大きくしないためにも返金については一筆加えていたほうが良いでしょう。

またクレーマーの人は、そういった隙きをついてくるのが得意なので、クレーマーの対処としても必要な事項だと思います。

クレーマーの対処に時間がかかり商品や返金の振込などの損害を被る前に、返金については加筆しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする