エム・マーケティンググループの代表、原田正文さんのプロフィールや経歴を徹底調査!

今回の調査対象は、エム・マーケティング株式会社代表取締役の原田正文さんです。

彼は、29歳という若さで起業し、なんと年収12億円にもなる大企業へと成長させた凄腕の起業家として有名です。

そんな原田さんのプライベートや人間関係などは、いったいどうなっているのでしょうか?

原田正文のプロフィール

原田正文さんは、仕事を辞めて独立、起業し、莫大な業績を上げたことで一躍有名になりました。

彼の経営する株式会社エム・マーケティングは、自身の起業体験や経営術を生かしたセミナーや各種講演活動などをはじめとする起業家や経営者、一般のサラリーマンなど幅広い層に向けた支援活動、コスメ、健康用品といった女性向け美容用品などの通信販売、リスティング広告やFacebook・Twitter・メールマガジンなどを利用した幅広く効率的かつ効果的な広告運用を行う広告代理業、暮らしに不安を持つ高齢者や障害者といった方たちに対する生活支援活動、さらに障害者を支援するための社会福祉事業など幅広い分野で様々な活動を展開しています。

原田さんは、障害者支援や講演活動などのように、人の役に立つ仕事を率先して行っており、その人を惹きつける性格と相まって、多くの人々から愛されています。

また、「価値の伝道者」と呼ばれ、投資やWEBマーケティングといった分野でも活躍、さらにその経験を生かしたマーケティンングコンサルやセミナーなども広く行っています。

その売り上げは、ピーク時には年収12億円以上、なんと月に一億円を超える収入を手にしている計算になります。そのため、彼のコンサルやセミナーを頼りに来る人は後を絶たず、実際に彼の教え子の中には爆発的に業績を伸ばすことに成功したという方も多くいるようです。

原田正文さんの年齢や誕生日は?

原田正文氏は1986年、熊本で生まれました。これを聞くと、「若い!」と思う方が多いのではないでしょうか。なんと、株式会社エム・マーケティングを立ち上げた時の彼の年齢は29歳という異例の若さだったようです。その若さから溢れ出るパワーは、企業運営にも大きな効果を発揮しているようです。
現在は東京都で生活していますが、大学卒業までは地元の熊本県に住んでいたようです。

原田正文はどんな人?

原田さんは、起業家として有名ですが、そのプライベートは多くが謎に包まれています。

まず、結婚歴について調査してみましたが、これについて詳しいことはどこにも書かれていませんでした。

まだ年齢も若いため、結婚しているかどうかは定かではありませんが、整った顔立ち、清潔感、しっかりとした体格、そして凄腕の若手起業家であるなど、女性から求められる条件が多く揃っている原田さんは、かなり人気があるのではないでしょうか?人間関係も広く、多くの方から愛されている原田さんは、すでに結婚していてもおかしくはないでしょう。

趣味は、スポーツやスポーツ観戦、乗馬、ゲームなど様々な分野に多彩な趣味を持っているようです。大人気ゲーム「ファイナルファンタジー」には彼自身かなりはまってしまっていたようです。かく言う私自身もその一人ですが、この記事を読んでいる方の中にも熱中してプレイした方がいるのではないでしょうか?

また、特にお気に入りのスポーツの「フットサル」を始め、外国へ旅行をしたり、乗馬を楽しんだりと、非常にアクティブな生活を送っているようです。

原田正文さんの経歴

原田さんは、2010年に熊本大学の教育学部を卒業。その後、就職すると同時に上京し、ITベンチャー企業である株式会社ネプロジャパンに就職しました。

原田さんは、入社当初からそのビジネススキルや企画力などを認められ、新規事業のリーダーを任されることになります。

しかし、原田さんの手がける事業は、思うように業績を伸ばすことができず、失意の中、退社することになります。それは、原田さんが入社してからわずか一年余りのことでした。

2012年4月、原田さんは、今度は大手ゲーム会社として知られているGREE株式会社に入社します。

およそ一年にもなるフリーター生活をした原田さんでしたが、やはりここでも彼のスキルが認められたようです。入社したGREEでは、プロダクトマネージャーに就任し、同社の手がけるソーシャルゲームやスマートフォン向けゲームの開発にも携わっていきます。しかし、原田さんは、また会社を辞めてしまいます。

GREEに入社してからたった二年のことでした。

2015年7月、原田さんはついに自分で起業することを決意。株式会社エム・マーケティングを立ち上げ、自らがその代表に就任します。その後、広告代理・通信販売・社会福祉事業など、様々な分野へ参入し、業績を加速度的に伸ばしていきました。さらに、株式会社エム・マーケティングを親会社とし、各業種を子会社として独立させ、大規模なエム・マーケティンググループを構築してさらに様々な分野での幅広い活動を続けてきました。

原田さんは、自分の会社を経営する際の理念として、「良い人が勝つ社会を創る」ということを掲げています。

情報商材の販売もしていた?

情報によると、原田正文さんは主に荻窪陵二さんという、同じく起業家の仲間と一緒に情報商材を販売していたようです。得意とする分野は「プロダクトローンチ」と呼ばれるマーケティング手法を扱った教材で、彼自身もこのプロダクトローンチを利用することでその売り上げを伸ばしていったようです。

プロダクトローンチというのは、あらかじめ用意した顧客のリストに対して直接アプローチしていくことによって商品を購入してもらうという、現在のネットビジネスでは最も主流となっているマーケティングの一つです。

ただし、過度なコピーライティングによって顧客の興味を引き、実際にはあまり効果が得られないといったような悪質な商材も横行しているため、近年では顧客側から警戒されることも少なくはないようです。

原田さんは、こういった悪質な業者ではないので安心ですが、皆さんも心を惹かれるようなコピーに惑わされず、商品について冷静に考えることを忘れないようにしてくださいね。

ここまで書くと、プロダクトローンチというのは悪質な商法なのか?と疑問に思う方も少なくはないかもしれません。

しかし、皆さんがよく目にする大企業なども多くはこの手法を利用しているのです。例えば、皆さんもお気に入りの通販サイトや飲食店などの発行するメールマガジンなどに登録していませんか?そういったメールマガジンを利用して送られてくる広告なども、実はこのプロダクトローンチの手法が盛り込まれているのです。

原田正文の人間関係

原田さんは、自分と同じように起業した方や、自社経営での成功を志す方たちとの幅広い交流があるようです。

また、起業家仲間や経営者などとは、共同でイベントを主催したり、親しい友人として交流を深めたりといったこともしているようです。その他にも、一緒に旅行に行くなどと、人間関係は非常に良好で人付き合いも良く、周りから好かれる性格の持ち主だとも言われます。

原田さんと親しい人たちの話によると、常に周囲に気を配り、大企業グループの社長でありながら傲らず謙虚で、周りのことを意識して行動ができる人だそうです。

また、仕事だけではなく、遊びや人との交流も常に真剣に取り組み、何事も全力で楽しむ性格であるため、一緒に過ごしているととても楽しい気分になれるそうです。

エム・マーケティンググループが主に手がける人材育成や社会貢献活動なども、彼のそういった人のことを思いやる気持ちが元になっているのでしょう。

まとめ

今回は、原田正文という人物について詳しく調査してきました。原田さんは、凄腕の起業家というだけではなく、多くの方から愛される非常に優れた人格の持ち主であるようです。確かに、それは彼の運営する企業グループであるエム・マーケティンググループの企業理念からも読み取ることができるでしょう。

自分の好きなことを仕事にし、社会貢献活動などにも積極的に協力する原田さんは、多くの人からの憧れの存在であるようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする