若くして大成功をおさめた起業家原田翔太とはどんな人?詳しいプロフィールなど!

ビジネステロリストなんて呼ばれ方をしたり、インターネットビジネス業界の風雲児なんて呼ばれていた起業家の原田翔太さん、とにかく常に新しいことを求め、自身が作り出すビジネスに革命を起こし続けています。

複数の会社を経営したり、書籍を出版したり、時にはミュージシャンとしても活動を行っています。今回はそんな一般常識のレールから沿った活躍を続ける原田翔太さんに迫っていきたいと思います。いったいどんな人物なのか?

彼の詳しいプロフィールから、原田翔太さんの素顔を暴いていきましょう。

原田翔太のプロフィール

原田翔太さんは1984年3月に東京都の武蔵野で生まれました。

上智大学文学部、早稲田大学第二学部に進学するも、自分の人生に疑問を持って中退してしまいます。しかし、これだけ見ると非常に高学歴で、エリート街道まっしぐらといった形に見えてしまいますが、原田翔太さんはそんなレールに敷かれた自分の人生に満足できなかったのかもしれませんね。

おそらく、自分が本当にやりたいことは何なのか?そんなことと葛藤しながら大学生活を送っていたのかもしれません。

この頃、原田翔太さんは英語を得意としており、その得意の英語を武器に起業を果たします。この行動だけで、原田翔太さんがいかに行動的で、自分の思ったことには一直線な性格をしているということがわかります。考えてほしいのですが、原田翔太さんが初めて起業するのが19歳なのですが、19歳という年齢でいきなり自分の得意分野を武器にして起業しようと考えるでしょうか?普通なら考えられないことです。まさに、原田翔太さんが革命家と呼ばれる所以なのかもしれません。

そして、英語の翻訳者としてだけではなくウェブサービスなどの運営も始めビジネスを大きく軌道に乗せ、22歳という若さでなんと1億円という金額を稼いでしまうのです。これは、大きな会社が売り上げた売上ではなく、原田翔太さん一人の力で上げた金額です。22歳がなぜ一人で億というお金を稼ぐことができたのか?並はずれたビジネスセンスがないと達成できないことでしょうし、普通の人とはずれた感覚を持っている人なのでしょう。これがきっかけで、原田翔太さんはインターネットビジネス業界の風雲児と呼ばれ始めるのです。

そこから自身の経験やノウハウなどを教える側のコンサルタント業を立ち上げ、株式会社ユナイテッドリンクスジャパンを設立します。社会経験も少ない若者にコンサルタント業が務まるのかと周囲の人は思ったことでしょう。しかし、その声とは裏腹に原田翔太さんは、ジャンルを問わずに様々なビジネスの業界において成果を出すのです。インターネットを使い、いかに小さな労力で大きな成果を上げるかをテーマに、多くにクライアントのビジネスに貢献してきたのです。

原田翔太はどんな人?

とにかく原田翔太さんは、年齢が若いのにも関わらずビジネスの本質をしっかりと理解しており、何をすれば成果を上げることができるのかをわかっている人なんだと思います。一言でいえば、常識にとらわれず変化を恐れない人とでもいうのでしょうか。特にインターネットビジネスの世界では、現在通用するノウハウは1年もしないうちに廃れてしまうと言われています。しかし、そんな中原田翔太さんのノウハウに関しては、何年経とうが通用するノウハウですし、普遍的な価値が非常に高いとも言われています。

そういった信頼性の高いノウハウが反響を呼び、若いながらにして日本でもトップクラスのコンサルタントを評価されています。そういった成果が評価され、株式会社ウィルゲートの常務取締役兼最高マーケティング責任者に抜擢されます。株式会社ウィルゲートはSEOをメインビジネスとした会社だったのですが、他のSEO会社に比べると後発で、上げられる業績もある程度見えていた部分もあります。しかし、その会社でも大きな功績を残すことに成功するのです。

なんと、短期間で株式会社ウィルゲートを日本のベストベンチャー100まで押し上げるのです。ここまでの、成果を上げられたことで原田翔太さんが非常に優れた人物だということを世間が認知したことでしょう。さらに原田翔太さんの勢いは止まらずに、現在では非常に有名なインフォトップの立ち上げ当初からモバイル版のプロデューサーとして携わり、インフォトップに大きく貢献しました。現在の情報ビジネスが日本でここまでに成長したのも原田翔太さんの活躍なしには語れないでしょう。

ここまでの功績をインターネットビジネスの業界で上げたのであれば、自分の今の地位をそのまま継続して安泰の人生を送るのが普通に感じますが、原田翔太さんは常に先を見据えて変化を求めます。その後、ビクターエンターテイメントからアーティストとしてデビューして業界を驚かせます。常にチャレンジ精神と、多くのことから学びたいといった気持ちを持つ人なのでしょう。また、色々な分野で才能を見せ付け、まさにオンリーワンの起業家といえる人物です。

ビジネステロリストと言われるだけあって、常に自分の行動にも革命を起こそうと意識している証拠なんだと思います。普通、原田翔太さんくらいの成功をおさめた起業家であれば、すでにお金も一生暮らせるくらいの蓄えはあるでしょうしそこまで頑張んなくても今の地位や人間関係を利用すれば、しばらくの間は稼ぐことに苦労はしないでしょう。しかし、そういった現状で満足するのを嫌う人なんだという印象を受けます。

常に変化を求め、自分の追い求めるビジネスを追及する。他の人からすれば、何をしているのかわからない謎の人物に見えてしまいますが、原田翔太さんを深く知ると、これが彼の信念に突き進んで生きている人生なんだといことを実感できますね。彼は起業家として、そして革命家として色々な場所でセミナーや講演を行ってきたことでしょう。その言葉を聞いて、心が揺さぶられる心境になった人も少なくないはずです。

一言で原田翔太さんを例えるなら「カリスマ」という言葉が最も似合うのではないかと思います。インターネットビジネス業界のカリスマ、これからも様々なことに挑戦して周囲を驚かせてくれるのでしょう。原田翔太さんに常識は通じません。ただあるのは、自分がやりたいと思ったことをとことん追求して、納得いくまでに極めることなのだと思います。これほど志の強い人物が日本のトップに立つべきだと心から感じますね。

原田翔太の人間関係

原田翔太さんの人間関係を語る上で欠かせない人物は、皆さんも聞いたがある、または知っている人物の和佐大輔さんですね。和佐大輔さんも原田翔太さん同様に、若いうちにインターネットビジネスで大きな成功をおさめた人物です。こういった境遇が二人を引き合わせたのでしょうか。原田翔太さんは、最初は和佐大輔さんにそこまで良い印象はなかったようですが、同時に同じ匂いも感じていたようです。

しかし、印象はあまり良くない中セミナーに参加したらしいのですが、そこでもあまり印象は良くならなかったらいいです。しかし、最終的には和佐大輔さんの才能にほれ込み、一緒にビジネスを組むパートナーにまで仲が成長していったのです。結局はお互い、知りあう運命だったのでしょう。二人とも、感じていたこと、それは腐りきったインターネット起業界は変えてやろうとする強い気持ちでした。

こういった強い気持ちをお互いに持っていたからこそ、二人はパートナーとして、現在ではお互いにかけがえのない存在として尊重できるようになったのではないかと考えます。決して交わりあうことのない二人でしたが、共通する強い思いがあったからこそ、ここまで信頼できる仲になったのでしょう。本当に人と人との関わりあいというのは不思議なものであり、何か強い信念を持ったもの同士というのは、いつかどこかで出会う運命なのでしょうね。

まとめ

インターネットビジネス業界に、若い頃から大きな影響を与えてきた原田翔太さん、常識にとらわれることなく自分の信念を信じて突き進む姿勢には非常に学ぶことがあります。今後も、色々なことに挑戦して、多くの人を驚かせてくれることでしょう。今後の原田翔太さんにも注目していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする