起業家星渉はどんな人?プロフィールや人間関係は?

今の日本において、多くのコンサルタントは存在しますが、彼ほど忙しくコンサルを受けるのが困難な起業家は少ないことでしょう。

彼の名は星渉、彼が過去にコンサルティングによって残してきた結果は一言で表せるものではなく、これから起業する人たちに尊敬を一斉に浴びるような人物です。

今回はそんな偉大な起業家星渉さんに注目して、彼のプロフィールや人間関係、またどんな人物なのかを詳しくまとめてみました。

星渉のプロフィール

星渉さんは学生時代には9年間野球を続けていたようです。そして社会人となり、彼が進んだ道は大手損害保険会社への就職でした。今でこそ、起業家として知名度もある方ですが、元々は普通のサラリーマンとしての人生を歩んでいたのです。

しかし、星渉さんはこういったサラリーマンになりたいと昔から思っているわけではありませんでした。中学生くらいから漠然と、会社を立ち上げたい、社長になって起業したいという思いはあったものの、実現することはなかったようです。

そしてそのまま大学を卒業して就職、いつのまにか30歳目前になり「このままサラリーマンとして人生が終わっていくのかな」という思いでいたそうです。ここで、星渉さんに人生を大きく変える出来事が起きました。星渉さんがこの時、配属されていた支店が岩手県、2011年の3月11日忘れもしない東日本大震災、星渉さんがいたのは内陸部だったので、津波の被害はなかったのですが、今までに体験したことのない揺れを感じたそうです。

震度7ですから、気が気ではなかったはずです。全てのライフラインが止まり、まともな生活をするのもままならない日が数日続くといった地獄を見たようです。この時に星渉さんが感じたことは、当たり前に生活できている毎日がいかに大切なものであり、どれだけ恵まれているのかといったことです。ライフラインが戻ってからも、人命救助や災害調査を続ける毎日、壊滅状態の街やまさに目の前で瓦礫の下敷きになっている人の救助などを見て「人は本当にいつ死ぬかわかんないんだ」と実感することになるのです。

こういった東日本大震災の経験を元に、会社を辞めて起業することを決意したのでした。人間はいつ死ぬかわからないのだから、今のうちに自分のやりたいことを思い切りやらなければ絶対に後悔するという気持ちが強かったのでしょう。そして、まず星渉さんが目指したのはメンタルトレーナーへの道です。自分が学生時代に続けていた野球が元に思いついたようですね。

メンタルトレーナーとしての能力は上がっていくものの、なかなかクライアントの獲得ができずに試行錯誤の日々が続きます。色々なセミナーに参加してみたり、クライアントを獲得するためのノウハウを勉強してみたりと日々奮闘するのですが、成果に結びつかずに知識や資格だけが無駄に増えていきました。この間約9ヵ月間も収入が0円の状態を過ごしていたといいます。もうそろそろ貯金も尽きてくるといった状態の中、あるメンターとの出会いで星渉さんのビジネスは急速展開していくのです。

メンタルトレーナーから個人の起業家をプロデュースするビジネスへと方向転換をして、本格的にコンサルタントとしての道をスタートさせました。まずは自分が結果を出せるようにメンターへと指導を受け4か月で月商300万円を超えることに成功します。その自身が行ったノウハウを伝えるために起業塾を立ち上げ、チームコンサルティングをスタートさせるのです。そして、その活動を通じて様々な人と出会い、自身のノウハウをどんどんより良いものへと変化させていきました。

星渉さんの起業塾で成果を出した人の数は数え切れないほどで、ほとんどの人が月商100万円を超える起業家へと成長しているのです。例えば、月商が7万円ほどしかなかった料理教室が半年で月商100万円を達成したり、OLを辞めた人が起業して1年後には月商が800万円になるなど、恐ろしいくらいの成果を上げているのです。星渉さんからビジネスを6カ月学ぶことで8割近くの人が月商を100万円超えることに成功しました。

その功績が評価され、日本でも有名なロバートキヨサキ氏のメンターでもある、ロバートアレン氏が日本で講演会を行った際には、日本を代表する起業家として紹介され祭壇に立ったのでした。元々は普通のサラリーマンだったのに、ここまでの成功を収めるとは驚きしかありません。しかも、起業した年齢も早いとは言えないのに関わらず、成果を上げるまでの期間が短いのも特徴的ですね。まさに日本を代表する起業家といえる人物でしょう。

星渉はどんな人?

星渉さんは日本を代表するコンサルタントであり、個人起業家をプロデュースする能力が非常に高い人でもあります。彼にコンサルを受けた人で、6ヶ月間星渉さんの元で指導を受ければ77%程の人が月商を100万円超えるといったデータも出ているくらいです。成功事例を一部紹介すると、「普通の専業主婦が起業し月商800万円を超える」法律事務所の秘書が独立して投資スクールを立ち上げ4ヶ月後に月商1000万円を超える」などあり得ない成功事例ばかりです。

これだけの、成果を残しているのであれば誰もが星渉さんから指導を受けたいと考えるでしょう。しかし、現在、それは不可能な話なのです。星渉さんは、2016年に自分のやりたいことは全てやりきったという理由で、コンサルティング業界から引退しているのです。星渉さんが日本で最も話を聞きたくても聞けない起業家というのは、この引退に理由があったのです。個人起業家を育てていくのは、後進に譲るというのも大きな原因だったそうです。

星渉さんが起業した理由も、ただビジネスで成功することが目的ではありませんでした。ビジネスで成功することがもちろんのこと、自分のやりたい人生、好きな人生を作り出すことも大きな目的です。星渉さんが起業を決意したのは、2011年の東日本大震災です。あの、大きな災害により今までに気付かなかったことにたくさん気付いたことでしょう。当たり前のことがいかに大切なことであるのかを理解したのです。

そんな思いを持つ星渉さんですから、とにかく自分の人生を楽しむことに全てを賭けているといっても過言ではありません。彼がコンサルティングを行っているときには、そういった自分と同じように稼ぐことだけではなく、いかに自分の人生を有意義なものにしていくのかといった個人起業家を輩出することを目指していたようですね。

星渉の人間関係

星渉さんの人間関係といえば、相当太いパイプをもっているはずです。むしろ、星渉さんほど成果を上げている起業家であれば、他の大物起業家からもアクションはあるでしょうし、人間関係に困るようなことはないと想像できます。たくさんのセミナーも行っていますし、逆に自分から大物起業家のセミナーに参加することもあるでしょう。そんな活動を通じて大きな人間関係を構築しているのではないでしょうか?

起業家というのは、個人でビジネスをしているといったイメージを持ちがちになりますが、大きな成功を掴むのには間違いなく周囲の協力がなければできません。むしろ、そういった周囲と繋がりが持てないような起業家は成功することは難しいといえます。やはり、ビジネスの成功は仕組みやセンスも必要なのですが、最終的にはその起業家の人間性が大切なのではないでしょうか?星渉さんは人間性がしっかりしている人なので、貴重な人間関係ができあがっています。

まとめ

個人起業家の成果を出すことに注力してきた起業家の星渉さん、彼から学べることは多いです。すでに引退している方なので、彼から指導を受けることは難しいことでしょう。しかし、いつしか再びコンサルティング業界に戻って多くの人に様々な影響を与えてほしいと願っています。これからの星渉さんの動向にも注目していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする