日本の副業がいよいよ解禁!2018年以降の正しい働き方とは?

日本で遂に”副業解禁!”

2018年は副業元年とも呼ばれています。

今注目を集めている”副業”について

この記事では

”副業解禁による社会への影響”
”どのような企業が副業解禁しているのか”
”働き方がどのように変わるのか?”
”副業解禁法案の背景”

このような事が理解できるようになります。

副業解禁によって取り残されないように
参考にして下さい。

1. 日本の副業解禁はいつから?

”副業解禁!”

「これまで副業をしてはいけなかったの?」
「今までも副業ってあったよね?」

このような意見も出てくると思います。

今回注目している”副業解禁”とは
政府が推進するという事を示します。

安倍内閣発足後”働き方改革”として
「副業」「兼業」を推進する流れとなりました。

そしてついに2018年1月に厚生労働省が
「副業・兼業の促進に関するガイドライン」をまとめました。

また「モデル就業規則」の変更を行いました。

「許可なく他の会社等の業務に従事しない事」
という規定を撤廃しました。

更に、追加で「副業・兼業」という章を作成して
本業である会社に不利益となる影響がない事を前提として、
副業・兼業は自由だとした。

この事を”副業解禁”と言っています。

さて、これまでは”副業禁止!”を推進してきた政府
何故ここにきて”副業解禁”したのでしょうか?

副業解禁に当たり”働き方に与える影響”とは?

現状副業解禁している企業は?

これまでとどのように変わっていくのか?

そして政府の”目的”とは何なのでしょうか?

詳細を見ていく事で疑問にお答えいたします。

2. 副業解禁が日本人の働き方に与える3つの影響

まずは働き方に与える影響についてみていきましょう。

2-1. ・収入を増やすチャンスが増える

もちろんですが、これまでやってきた本業の他に
空いた時間で副業をする事によって収入が増えます。

副業の内容によっては本業以上に収入を得ている人もいます。

このようにして、副業は収入を増やすことで
生活が安定して心に余裕が生まれます。

2-2. ・色々な働き方の可能性を見出せる

これまでのように企業側も”終身雇用”に
こだわらなくなってきました。

むしろ事業の短命化が進み企業としても、
従業員全員を最後まで面倒を見るという事が
難しくなってきたと言われています。

その為働き方も変わってきています。

就職をしてその会社でずっと働くのではなく、
次に何をするか見据えて働いている人が増えています。

その為、色々な経験をもっていた方が
転職に有利に働きます。

ここで”副業”がその手助けになります。

副業で色々な仕事を経験しておく事で、
本業以外の技術が身に付きます。

その他人脈も増える事もあります。

このように経験を積むことで、
その先の選択肢が広がる事が出来て可能性を広げます。

2-3. ・労働時間の長期化

当たり前ですが労働時間は増えます。

本業の他にもう一つ仕事をして、
本業には影響がないようにというのが
原則ですので、おのずと労働時間は増えます。

しかし、これも職種等によっては短時間で済んだりします。

製造業のような仕事を2つ行うのであれば、
単純に働いた時間だけ収入が増えます。

しかし、インターネットを活用した仕事等であれば、
自宅でも仕事をする事も出来ます。

更に言ってしまえば、仕事を自動化して初めのシステムだけ
構築してしまえば自動で収入を得る事もできます。

このようにして、副業は色々な可能性を秘めています。

3. 副業解禁している日本企業とは?

政府では副業解禁と推進しているものの、
実際の企業ではどのようになっているのでしょうか?

そこで副業が認められている大企業を紹介いたします。

・日産自動車
・ソフトバンク
・ヤフー
・ロート製薬
・ユニ・チャーム
・コニカミノルタ
・アサヒグループホールディングス
・エイチ・アイ・エス
・丸紅
・新生銀行
・セガサミーホールディングス

このような企業がすでに”副業解禁”しています。

その多くの企業は本業への支障が無いように
という事を前提にしています。

また会社の許可を得る事が条件という企業も
多いのも特徴的です。

副業を推進している企業では
社員のスキルアップや新しいアイディアの
創出の為と言っています。

このようにして政府の副業推進に伴い、
一般企業でも多くの企業が副業解禁に踏み切っています。

4. これまでの日本の働き方と副業解禁後の働き方の違い

副業には色々な可能性が秘められている事が分かりました。

副業が解禁されてからこれまでと
どのような違いがあるのかを見ていきましょう。

4-1. 日本の働き方の問題点

これまで日本では”副業禁止”が当たり前でした。

しかし実は副業禁止とあるものの、
本業に支障をきたさなければ法的拘束力はないとの事です。

考え方としては仕事以外のプライベートの時間に
会社が制限をするという事がおかしいというのです。

日本にいたからこそ当たり前となっていた
”副業禁止”ですが一歩海外に出てみると
副業禁止という国は少ないです。

それ以外にも海外から見て日本は特殊だという事があります。

それは長時間労働です。

これまでは終身雇用が当たり前で、
会社は面倒を見てくれるから従業員は
会社に対して尽くすというのが常識でした。

今や問題視されているサービス残業も
ここから来ているものです。

サービス残業の他に休日出勤や転勤等
色々な問題点も上がっています。

この状況を打開できるのも”副業”
と言われています。

4-2. 日本政府が副業解禁を促進する理由

それでは、日本政府は何故副業解禁の
促進をしているのでしょうか?

政府としては「国内総生産」GDPを上げるためです。

その為には

”働き手を増やす”
”1人当たりの生産性の向上”
”新規事業の展開”

このような事が必要だとしています。

そこで注目されたのが”副業”です。

副業を行う事で上記の項目に対して
効果があるという事です。

政府が一転して副業を推進している
背景としてはこのような事があるという事です。

5. 日本の働き方を変える副業解禁法案まとめ

これまで”副業”は良くないとされてきました。

しかし社会情勢が変わり何もない昔、
物を作って売るという事が何よりも稼げていました。

現在では物はある程度揃っており、
サービスやシステムのアイディアや
付加価値に対しての価値観が高くなってきています。

その為色々な経験を積んで幅広い知識から、
新しい事業の展開が必要となったり、
新しいシステムで効率化を図る事が求められています。

このようにして変化してきた社会から
政府も今後の成長には”副業”が欠かせないと
判断して”副業解禁!”に至ったのではないでしょうか?

これまで述べてきた通り皆さんも副業が必要な時代だと
お分かり頂けたと思います。

副業元年となる今年から社会の波に乗り遅れないよう
是非参考にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする