偏差値30から半年で全国模試1位に輝いた”元”不良少年の泉忠司は何者なのか?

泉忠司さんをご存知でしょうか?

メディアに頻繁に登場しているので
ご存じかもしれません。

今回は泉忠司さんが
どのような経緯で現在のような
立場になることが出来たのか?

という部分について
詳しく解説していきます。

不良少年から超有名校へ
進学を果たし現在の活動をするまでの
波乱万丈の人生を知ることで

泉さんは努力をしたからこそ
今があるのだと腑に落ちると思います。

受験や人間関係で
ちょっとした悩みがある方は

泉さんの生き方や書籍は
とても励みになるかと思います。

泉忠司のプロフィール

泉忠司さんは
(株)泉忠司事務所代表取締役であり
(株)DBパブリッシング ファウンダー、

DL Universal Asset Management Inc.代表取締役、
Tadashi Izumi Consultancy Inc.代表取締役、

MTI Global Holdings代表取締役、
Filix Holding Management取締役、

日本アニメーション株式会社
「あらいぐまラスカル」特別広報部長、

(社)日本作家協会代表理事、
(社)日本フィリピンビジネス協力機構理事などなど

多すぎる程の肩書を
お持ちの人物です。

泉さんがなぜこのような
活躍を収めたのかを言うと
始まりは高校受験がきっかけです。

1972年香川県高松市に生まれ
高2の秋まで地元の不良として
ろくに勉強もせずに遊び尽くしていました。

高校3年となり
受験シーズンが到来。

泉さんも真剣に進学の事を考えます。

全科目の偏差値は
30しか無い状態だったため
大学進学は絶望的な状態でした。

そこから泉さんの
成功ストーリーが始まります。

これまで不良少年の生活とは
180°ガラリと変わり

勉強に勉強を重ねる日々を
送るようになります。

その結果、、、

なんと半年後には
全国模試で『1位』を
成し遂げてしまいます。

全国模試を受けた
日本の高校生の中で

泉さんが最も高い点数を
獲得したいのです。

もちろん、全国模試なので
日本のそれぞれの高校にいる
成績優秀な生徒も受けています。

そのような条件の中で
元不良だった泉さんは
1位を達成しました。

その後、早稲田大学に進学を果たし
1999年から2000年にかけて
ケンブリッジ大学に留学をしました。

留学後は横浜市立大学や
青山学院大学、日本大学などの
講師として活動をスタートしました。

ここまでの話だと
不良少年が勉強を頑張り

大学講師としての道を切り開いただけの
ストーリーに感じてしまうかもしれません。

ただ、泉さんはただの講師として
終わるような人物ではありませんでした。

泉さんのこれまでの経歴が
受験マンガでお馴染みの
『ドラゴン桜』そのものだと拡散され

なんとドラゴン桜コミック12巻で
泉忠司さんが紹介されたのです。

それだけでも凄いことですが
この事がきっかけとなり

泉忠司さんの存在は
世間的に大きく
周知されるようになります。

その結果、

受験関連やビジネス書の出版依頼、
企画のプロデューサー、

映像・ミュージカル・プロレス・
書籍などを融合した総合エンターテインメント
ラブ&ハッスル

アラフォー100名による
アイドルユニット「サムライローズ

泉忠司×河村隆一による
音楽と小説のコラボレーション
抱きしめて

などなど、

仕事の依頼が
殺到することとなります。

その結果、冒頭でもお伝えしたような
複数の肩書を持ち合わせている
異色な大学講師として活動をしています。

泉さんは、

より多くの方々に対して
独自のメソッドを広めていきたい

という思いから

泉塾プラチナ講座』や『ビジネス大学
ドラゴンアカデミー』を設立しました。

泉さんが偏差値30から
たった半年間で模試で1位となり

早稲田大学に進学したという
脅威的な実績を持っていることから

受講希望者が後を絶たず、
受講者から圧倒的な支持を得ています。

活動の場は日本に留まらず
イギリスや香港、フィリピン、中国など
世界各国でも開催しています。

泉さんご自身は複数の仕事を
あれもこれも行っている。

という感覚ではなく
泉忠司として職業で区切らず
自分のやりたいことやるという
気持ちで活動しています。

例えば、

別の分野で経験した仕事を
講師の分野に応用する事も可能ですし

講師の分野で学んだことを
他の分野に活かす事も出来ます。

この職業だからこうしないといけない。

という枠組みを取っ払い
活動の幅に制限を持たず
生きていくというスタイルを
一貫して貫いている人物です。

これまで出版した書籍は
受験対策シリーズを中心に

大学受験歌って覚える英単語完全制覇(最重要編)

大学受験歌って覚える英単語完全制覇(最重要編)

英単語4000受験英語からのTOEFLTest

偏差値30からの英文法完全制覇(基礎体力編)

ビジネス書や自己啓発関連の書籍も
幅広く出版しています。

コンフィデンス・シンキング~成功のための7つの絶対原則

「魚の釣り方」は自分で考えろ

泉忠司はどんな人?

泉忠司さんは講師として
人に何かを教える事を
長年経験されてきた人物なので
教えることを得意としています。

物腰も柔らかく相手の立場に立って
物事を考えられる方で

パーティーなどでは
仮装をしたりとお茶目な一面もある
人間味溢れた人物です。

泉忠司の人間関係

泉さんは多くの分野で
活動されているだけあり

その分野ごとの有名人とも
交友関係があります。

例えば、

ドラゴン桜の著者である
三田紀房さんであったり

意外なところで言うと
芸人のとろサーモンの村田さんや

次長課長の河本さんとも
交友関係があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

泉忠司さんはマンガのような
逆転ストーリーがきっかけで
人生が大きく変化していきました。

泉さんは、

”無理”という言葉は
言わないようにしましょう。

常に周囲に伝えています。

自分で可能性を潰してしまうのは
とても勿体無いことであって

工夫すればどんな自分にだって
なることが出来ると仰っています。

偏差値30から早稲田大学に合格。
という実績もあるため

この言葉には
非常に説得力を感じます。

受験や人間関係で
悩みがあるのであれば

一度、泉さんの書籍を
手にとって見てはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする