エリート出世コースを放棄し人生の充足感を手にした川島和正は何者なのか!?

川島和正さんをご存知でしょうか?

世界を旅するネット起業家として
とても有名な人物です。

今回は川島さんが
どうやって現在の生活を
手にすることが出来たのか?

そして現在はどのような
収入源で暮らしているのかを
具体的に解説していきます。

川島和正のプロフィール

川島和正さんは
1979年7月7日生まれ
今年(2018年)で39歳を迎えます。

出身大学は偏差値65以上ある
難関大学として非常に有名な

横浜国立大学の
経営学部を卒業しています。

この事から非常に優秀な頭脳の
持ち主だと言えます。

大学卒業後の22歳〜25歳までの3年間は
外資系企業の製薬会社ノバルティスファーマの
マネージャーとして働いていました。

当時、川島さんは休日であっても
セールスや営業トークについて

ひたすら勉強を行うほどの
真面目さで有名な人物でした。

その結果、成績をグングン伸ばしていき
年収800万円にまで上げることに成功します。

ところが給料は増えても
川島さんの心は満たされませんでした。

会社の従業員として
決まった時間働き
時間が過ぎると帰宅する。

そんな繰り返しの毎日に
疑問を抱くようになり

インターネットを使い
時間に縛られない稼ぎ方は
無いものかと調べるようになります。

そこで出会ったのが

『アフィリエイト』

でした。

アフィリエイトという
存在を知ってからは

会社勤めを継続しながら
アフィリエイトに関する情報を
ネットや書籍などから学び

理想のライフスタイルを実現させるべく
副業として取り組み始めました。

その結果、月に30万円を
アフィリエイトで稼ぐ事に成功。

本業と比べると
少ない金額ではありましたが

アフィリエイトだけで
生きていけることを確信し
仕事を退職することとなります。

その後はアフィリエイトを継続しながら
情報ビジネスの可能性に気が付き
そちらにも取り組み始めます。

その結果、、、

年収500万円を達成。

自信が本業を止めて
ネットのみで生活する

自由なライフスタイルを
手にすることが出来たノウハウを
多くの人に広めたいと思い

「働かないで年収5160万円稼ぐ方法」

を出版し25万部を売り上げ
年収で1億円を突破しました。

この当時、川島さんは
まだ20代であったため

川島さんの噂は
瞬く間に広がりました。

そこから川島さんは
日本を離れ香港へと拠点を移し

ブログやメルマガを使い
最新のビジネス情報を
日々、配信しています。

川島さんのメルマガ読者は
「まぐまぐ!」で最も多い
35万部のメルマガを配信しており
かなりの影響力の持ち主です。

現在はメルマガの広告収入や
自身が塾長として不定期に募集している
川島塾、セミナーなどが主な収入源です。

インターネットに出会った事で
川島さんは自由なライフスタイルを
手に入れることが出来ました。

書籍の数も増やしていき
今では多くの書籍を販売しています。

●なぜ、働かないで年収1億円になれたのか?
仕事、恋愛、健康、旅行、買物……全ての夢をかなえた私の方法

●損をしない思考法

●楽して成功できる 非常識な勉強法

川島和正の本はこちら

川島和正はどんな人?

川島さんはとても頭のキレる
優秀な人物です。

それは出身校やこれまでの
営業成績を見れば一目瞭然です。

川島さんが人気の理由の1つに
その物腰の柔らかさにあります。

頭がキレる人物というのは
他人を軽蔑しがちな傾向がありますが

川島さんはいつも
ニコヤカな笑顔で接してくれます。

川島さんの指導の下で
成功した人物も多くいるため
圧倒的な実績を出す事で有名です。

圧倒的実績と親しみやすい性格。

この2つが兼ね備わっているからこそ
川島和正さんは人気なのでしょう。

川島和正の人間関係

川島さんは一時期テレビにも
数多く出演していたため
交友関係はとても広いです。

起業家として成功している方とは
基本的に知り合いですし
芸能人との繋がりも多くあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

川島和正さんは
アフィリエイトとの出会いによって
大きく人生の方向性が変わりました。

そのままの人生であっても
経済的には満たされた人生を
送り続けることが出来たと思いますが

経済的な満足だけでは満たされない
人生の充実感は満たされなかったと思います。

現在の川島さんは
メルマガの収入源をメインに

時間や場所に囚われない
ライフスタイルを確立させ
人生を謳歌しています。

香港を拠点として
世界中を飛び回っているため
なかなか直接会うことは難しいです。

「川島さんの事をもっと知りたい!」

という場合は川島さんの書籍や
ブログなどをチェックしてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする