小山竜央さんはどんな人?

小山竜央さんはそのオンラインとオフラインのビジネスの両方が出来る人です。
最初はオンラインゲームを爆発的にヒットさせそのアバターのガチャを世界で一番早く導入した人です。

LINEのスタンプもそうですが、一番最初にやるのは似たようなものはあるものの、その新しいものをみんなが面白がってお金を払ってもらわなければなりません。
これは本当に難しい事です。

今回の記事では次のような疑問が解消できる記事になっています。
・小山竜央さんの年齢は?
・小山竜央さんのビジネスの略式は?
・小山竜央さんの評判は?
小山竜央さんに興味がある人が是非参考にしてみてください。

小山竜央の年齢は?

小山竜央さんの生年月日は
1982年10月10日です。ですので今小山竜央さんは35才という事になります。
ビジネスの成功者としてはかなり若いのではないのでしょうか?

また冒頭で話したようにゲーム業界にアバターを使った新機能を生み出した時は今から15年前の2003年ですので、なんとその時の小山竜央さんの年齢は若干20才という事になりますね。

ゲームを作成するのにも沢山の試行錯誤がいりますので、高校卒業したすぐくらいの少年が一代ブームを起こしたことになります。

小山竜央のプロフィールは?

上記のように
2003年には個人が運営するサイトでゲームを提供し、その月間PVが3600万PVを超えました。このPVとは何回表示されたかを表す数字です。

一般的に1000万PVを超えると組織的な運用が必要であるとされ、広告を載せるだけでも数千万から数百万の収入が見込めるといいます。
しかし広告は形式は広告主からの商品の売り上げその他からの一部をいただいているという状況です。つまり間に消費者との間に広告主が入ってしまう分、取り分が減ってしまうということです。

小山竜央さんがすごいのは“アバターのガチャ”という形で直接の商品を独自で開発したことです。しかもガチャといいうアミューズメント性と不確実性をふくんでいるという事も相当にすごいことです。

例えばビジネス性を持たせてニーズや不安感を煽ってしまった場合はもしそのニーズが満たされなかった場合はクレームになってしまいますし、不安感の解消や必要に迫られての場合はそれが満たされなかった場合は単純に困りますよね。

一方アミューズメントの場合は時代性と新しささえきちんと掴むことが出来ればクレームになりにくいですし、SNSなどでも広がりも見込めます。

加えてガチャの“不確実性”です。商品そのものを売る場合それが自然消費していくものでない限り2度買う事はありませんよね。ネット商品の商品はデータは破損が少ないのでここが問題になりますが、ここも見事にクリアしています。

これが20歳のときに考えたものだとすれば本当に驚異的です。

この時までは小山竜央さんオンラインのビジネスに尽力されていたという事になります。

2005年から小山竜央さんはオフラインの実績が認められオンラインの広告代理店の会社に就職されます。

もちろん広告代理店から小山竜央さんに求められたのはSNS開発、ゲーム開発などのオフラインの技術でしたが、小山竜央さんは積極的にマーケティングも方にも携わりオンラインの力も着々とつけていかれました。

小山竜央さんは広告代理店では自分でできる事はすべてやりつくしたと独立して
・法人向けに業績をあげるコンサル業
・経営者向けのアイデア発想転換メソッドを小山竜央さん独自で開発されそれによって経営者へのコンサル業
の2つを展開し2つともに大きな成功を収めました。
その分野も広告メディアの分野の他にも外食産業、アパレル、印刷業等と様々な分野にわたって
このコンサル業の盛況から次は経営者のセミナーのプロデュースもお願いされるようになります。

ここから学ぶことが出来る点は小山竜央さんは少しずつ小山竜央さんができること、もしくは関われる領域とスキルを増やしていっている点です。

世間一般では報酬をあげる方法としてスキルアップや資格が兎角取り出される傾向にありますが、小山竜央さんのようにある分野で一番を取りいい意味で“職権乱用”をしながら、人から求められるような形を作りながら報酬を上げていく方がいいでしょう。

また後発のメンバーの育成にも熱心で全国の成功者のパターンを分析しそのアウトプットのセミナーを開いたりしています。

このセミナーもただのセミナーではなく幕張メッセ、東京ビッグサイトなどの大規模な会場での大きなセミナーになっています。指導した延べ人数も今では5万人を超え今でも沢山の人気講師を世に生み出しています。

小山竜央の2chでの評判は?

これだけ大きな影響力を持つ人ですのでネットには賛否両論がたくさん書かれています。しかしこの中でも批判的なコメントを残している人の大半は何も行動していないでこのような批判的なコメントを起こしているようです。

本などネットに限らず様々な情報が書いてある内容は内容を読むだけ、買っただけ、またものによっては一度読んだだけでは物にすることはできません。
その事を念頭に置きながらレビューや評判を読んでいきましょう。

また賛同者はまるで信者のような熱量でコメントを残し、批判者は烈火のごとく怒りに満ちたコメントを残しています。

これは多少広告の煽りの部分が大きくデザインされているからでしょう。
感情的に大きな期待をしてしまい、自分の現状で消化できる範囲を大きく超えた期待を満足させることが出来ずにクレームをつけてしまうのでしょう。

音声教材でもなんでも分かるまで聞きましょう。
また、衝動的に買ってしまったものはその時の自分の感情面などを思い出して分析してみましょう。
今の自分には大きすぎて必要のない物を買ってしまった”というのは財産です。冷静に考えるといらないものなので見方を変えると新しくニーズを生んでいるとも考えられます。

賛否が起こるのは
・売り方の部分で煽りが入っている。
・小山竜央さんが批判を送るにたる相手であること
の2つが少なくとも言えると思います。
批判は起こるところにしか起きません。
それだけ小山竜央さんの売り上げ規模や、提供している価値が高いという事です。

まとめ

小山竜央さんはオンラインとオフラインのビジネスのハイブリットのようなビジネススタイルでビジネスを展開されているかたです。

もちろん今のスタイルなどから学ぶ所もたくさんあるのですが、それ以外にも自分の領域の増やし方メッセージの見せ方などもかなり参考になります。

オンラインのゲームサービスでのアバターガチャという概念の導入で3600万PVの獲得など、1つ1つの結果が大きいのでその派手さに目がいってしまいますがそこだけではなくガチャ、アバターなど既存のものをどう組み合わせるてきたのかという事に目を向けるとあなた事として吸収することが出来るでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする