公務員に大人気の副業!太陽光発電事業を徹底解説!

安定した収入がる公務員は人気の職種です。しかし、収入が大きく伸びないというデメリットが公務員にはあります。公務員の中には、副収入を得たいと考えている人もいるのではないでしょうか?しかし、公務員は国家公務員法第103条や地方公務員法第38条で副業が禁止されています。

副業禁止規定に該当することなく、収入を得られる方法はないのか考える公務員の方もいるでしょう。そこで、多くの人が思いつくことは、株投資や不動産投資や太陽光発電事業などの投資ではないでしょうか?ここでは、太陽光発電事業による副収入が副業に該当しないのかを詳しく解説していきます。

1. 公務員も副業可能!太陽光発電事業という方法

国家公務員法や地方公務員法では、副業が禁止されています。法律の中では、営利目的の企業を営んではいけないことが記載されています。公務員の業務の他に労働を行うと副業禁止規定に該当することになります。

しかし、太陽光発電事業のビジネスは、ご自宅や所有する土地に太陽光を設置し、太陽光で発電した電力を電力会社に買い取ってもらいます。だから、労働はかかることがありません。太陽光パネルを営業するのは副業に値しますが、太陽光発電の収入は副業に該当しないのです。

1-1. 太陽光発電なら公務員の副業として容認される理由

不動産投資や太陽光に関しては、人事院のハンドブックに承認基準が記載されています。そこには、兼業により職務遂行に支障が生じないことや利害関係が発生しないことが明らかである場合は、副収入を得ることが許可されているのです。

このような規定が人事院ハンドブックに記載されているので、許可を申請すれば副収入を得ることができます。また、許可を申請する手続きが面倒に感じてしまう方は、親族の方を名義人にして太陽光発電の収入を得ている方も多くいます。

1-2. 太陽光発電事業の仕事内容とは

太陽光発電は、所有する土地や建物に太陽光パネルを設置します。太陽光パネルから発電した電気を電力会社に販売することで、収入を得ることができます。太陽光を設置すれば、後は自動的に太陽光パネルから電力が発生して、その電力を売却するだけです。本業の業務に支障が出るような労働は何も発生しないことが、太陽光発電事業の大きな特徴です。
太陽光発電事業の大きな特徴は、短期間で大きな収入を得ることを目指すのではなく、長期的に安定した収入を得て、老後資金の不足分に割り当てたいという長期投資に向いている副業です。

不動産投資と比較をすると空き家になるリスクはなく、株投資のように負けてしまうリスクがありません。そのような手堅さから、公務員の方で太陽光発電事業を始める方は多くいます。太陽光発電事業は、公務員の中で人気の副業なのです。

1-3. 公務員が太陽光の副業を始める方法

公務員の方が太陽光の副業を始める場合は、まずは勤務先に太陽光で副収入を得る許可を貰うことから始まります。人事院のハンドブックにも、10KW以上発電する太陽光を設置して副収入を得ることは認めると書かれているので、許可申請をすれば、すぐに許可を得ることができるでしょう。

また、許可申請をすることが面倒くさいと感じるようであれば、奥様やご両親などの名義で収入を得ていくのも1つの方法です。勤務先から、太陽光で副収入を得る許可を貰うことが出来た後は、ご自宅や所有する賃貸物件や土地に太陽光を設置します。

毎月、どれぐらいの電力を太陽光によって発電しているのかをHEMSモニターを通じて見ることができます。発生した電力を電力会社に販売する手続きをすれば、自動的に発生した電力が副収入として、指定の通帳に振り込まれます。

2. 公務員が太陽光発電事業の副業で得られる収入

実際に太陽光を設置した場合は、どの程度の収入を稼ぐことができるのでしょうか?ご自宅の屋根に太陽光を設置した場合を簡単にご紹介します。ご自宅に太陽光発電システムを導入する場合の初期費用は、平均190万円かかります。

太陽光の売電による1か月の収入は、1万円台、多いときで2万円台になります。実際に、ご自宅で太陽光を接している方の1年間の売電収入は19万円となりました。回収率は、約10%です。だから、10年間運用をしていくことが出来れば、初期費用分を回収できることになります。

また、太陽光発電パネルには15年保証、パワコンには10年保証がそれぞれ付いているので、初期投資分の費用を回収できます。10年先、20年、30年と長期的に見ていくことが出来るのであれば、太陽光発電によって副収入は大きく見込めることになります。

3. 公務員が副業として太陽光発電事業を始めるメリット・デメリット

太陽光発電事業を始めるメリットは、株などの大きな変動的がある訳ではなく、手堅い収入を得ることができるという点です。老後の為の収入を増やしたいという考えで、ご自宅や所有する土地に太陽光を設置する方が多くいます。
実際に、最初の10年は初期費用を回収することになってしまいますが、10年目以降は、手堅い副収入を得ることができるのです。一般家庭に太陽光を設置した場合は、約20万円の嬉しい収入になります。

また、太陽光発電は相続の際にも大きな効果が期待できます。相続の際には、土地の評価額の計算方法を活用して、太陽光も減額評価することができるのです。だから、相続にかかる税金を節税することができます。
デメリットとしては、太陽光発電を始めるに当たり、初期費用が発生することです。自宅に設置をする場合も、約200万円の初期費用がかかるので、簡単に誰でも始められるものではないでしょう。
また、太陽光発電で発生した電力の買取金額も、時期によって見直されていきます。電力の自由化が始まり、電力の買取金額が大幅に下がってしまうこともあるので、最新情報はチェックをして投資をするか判断していくことが大切です。

4. 太陽光発電なら合法!公務員ができる副業と注意点まとめ

太陽光発電事業の解説はいかがでしたでしょうか?太陽光発電事業を開始するには、約200万円の初期費用が発生してしまうので、誰でも簡単に始められる事業ではありません。しかし、不動産投資の空室リスクや株投資で失敗をするリスクなどがありません。

天候によって、毎月発電できる電力の差の発生はありますが、毎日雨が降り続けることはなく、安定して毎月発電することができます。太陽光発電は手堅い収入を得られるとして、公務員の方から人気の副業なのです。
また、相続をする際も土地の評価額を活用して、太陽光も減額評価することができます。よって、節税対策にもなるのです。短期的に大きな収入を獲得することは難しいですが、10年先、20年、30年と長期的に収入を見込んでいく場合には、非常にお薦めの副業です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする