「ECツール」を使った転売では稼げない?「MAGIC転売」の怪しい点を調査!

最近では「メルカリ」や「ヤフオク」を利用して、個人でも簡単に商品を販売することができるようになっています。
その中で、「転売」は副業として人気を集めていますが、簡単に稼げるという触れ込みで悪質な勧誘を行う業者も存在しています。
そういった業者に騙されないためにも、冷静な判断力と充分な情報収集能力を身に着ける必要があります。

今回は「MAGIC転売」という転売によって収入を得るノウハウを提供している業者について調査していきます。彼らの謳っている内容が現実的なシステムなのかどうかきちんと判断していきましょう。

転売で月収30万円!?「MAGIC転売」とは?


転売でちょっとした収入を得ている人はかなり多いと言われています。
個人的に不要になった物を売却するだけではなく、希少価値の高い物を高値で売るといった手法も登場しており物議をかもしています。

それだけではなく、本格的な転売に取り組む人も出てきています。
中には、転売だけの収入で生計を立てられる人も存在しているようでやってみたいと思っている人は多いでしょう。

そんな中、登場したのが「MAGIC転売」です。
こちらでは、AmazonなどのECサイトで商品を転売することによって、収入が得られると謳っています。

「MAGIC転売」について、もっと詳しい内容を以下にまとめていきましょう。
レターページでは
「1日60分の作業で月収30万~200万」「日本にはない商品が次から次へと魔法のように売れる」「出品作業や在庫管理などめんどくさい作業が必要ないECツールを使用」

などという言葉が並んでいます。

これらの情報をまとめていくと、「MAGIC転売」で行われているのは、日本で販売されていない商品を安く仕入れて高値で売ることで利益を得ているという形態です。
おそらく中国などで販売されている安い商品を仕入れて、日本の相場よりも安い値段で売るといった形が予想されます。

さらに、「ECツール」と呼ばれるものを使うことによって、安い商品を探す手間も、商品を出品する作業も、在庫管理なども行う必要がないと語られています。

本当にそういったシステムがあるのであれば、かなり効率的に転売を行うことができます。

これらの作業を一元的にツールに頼ることができれば、大幅な時短となりますし、扱う商品の数も多くできるので、より多くの売上を得る可能性が出てきます。

普通にやれば、たっぷり時間をかけて数万円が限度だったところを、ツールを使うことによって月収30万~200万というシナリオが「MAGIC転売」では描かれています。
真っ直ぐに捉えれば、転売を行う上で理想的な方法かもしれません。

しかし、そんな夢のような話があるとは思えませんよね。

また、これだけの情報で飛びついてしまいそうになってしまった人は、「MAGIC転売」ではなくても、悪質な業者のカモにされる可能性が高いので注意が必要です。
理想的なシナリオを提示している「MAGIC転売」ですが、もっと深く分析していくことによって、穴を見つけていきましょう。

面倒な作業が必要ない「MAGIC転売」の秘密


「MAGIC転売」の肝となっているのは、転売を行う際に使用する「ECツール」と呼ばれるシステムです。
これによって、通常の転売よりもより効率的で高利益な転売が可能となると謳っています。
ここでは、この「ECツール」によって、どんなことが可能になるのか見ていきましょう。

商品リサーチ・価格設定が不要

転売において重要なのは、何を売るかという問題です。利益をあげることを考えれば、安い商品を仕入れて、相場よりも安い価格で売ることが重要となります。
「MAGIC転売」が掲げる「ECツール」を使うことによって、この商品のリサーチが不要となるそうです。 

日本で売られていない安値の商品を探し出し、日本の相場よりも安い価格で出品することによって利益を得る仕組みになっています。
つまり、商品や価格のリサーチをツールが勝手に行ってくれるので、利用者はピックアップされた商品を売るだけでいいということになります。

在庫管理が不要

転売においてリスクがあると言われているのが「在庫」です。商品を仕入れたはいいものの、思うように売れずに在庫を抱えてしまい結果的に赤字になってしまうこともよくある話です。
「MAGIC転売」では、この在庫管理も不要であることが述べられています。つまり、在庫リスクを抱えずに済むため、確実に収入を確保することができるそうです。

詳しい仕組みについては明らかにされていませんが、「無在庫転売」の部類に入ると考えられます。
「無在庫販売」とは、商品を仕入れてから売るのではなく、商品を売ってから仕入れるという形の転売で、売れたことが確定しているため在庫を抱えるリスクが少なくて済みます。
ただ、ECサイトによっては無在庫転売を規約によって禁じているところもあり、この手法にはリスクです。

「MAGIC転売」では、このように転売に必要である煩雑な作業を全てツールに頼ることで効率化を測ることができるようです。
このことから、「MAGIC転売」が「初心者でもできる」「誰でも収入を得られる」と謳っている要因となっています。

詳細な仕組みについては、あまり明らかにしていませんが、コンセプトとしては間違っていないように見えてきます。
転売で副収入を得ようと考えている人であれば、思わず飛びついてもおかしくないかもしれません。
しかし、このような転売の手法を用いても、思うような結果がでる可能性は低いと考えられます。その理由については、次以降に解説していきましょう。

AmazonやECサイトで「MAGIC転売」を実践しても成功しにくい理由


転売を効率化して、安定した収入を得ることを可能にすると謳っている「MAGIC転売」。
こちらの業者が掲げる転売手法の内容については、大まかに理解できたと思います。

ここでは、それらを踏まえながら、「MAGIC転売」のような手法を実践したとしても、思うような結果を生み出すことが難しい理由について考えていきます。

冷静に考えてみれば、そんな夢のような話はあるわけないと判断できますが、同様の話に載らないようにしなければなりません。

無在庫転売はAmazonの規約違反

「MAGIC転売」では、無在庫転売であることが考えられるのですが、代表的なECサイトの1つ「Amazon」では、規約によって無在庫転売が禁じられています。
そのため規約違反によって継続的に収入を得ることが難しくなることが考えられます。
「MAGIC転売」では、月収30万円以上を謳っていますが、そもそもそれだけの利益をあげる保証もありません。

市場飽和のリスク

転売が副業として注目を集めた中で、起きている現象として市場飽和が挙げられます。
「MAGIC転売」継続的に稼ぐのは難しいといえますし、これは転売全体にいえることでもあります。
転売をやる人が増えて、売れ筋の商品を多くの人が売ろうとすれば、市場原理として供給過多となり、価格競争が引き起こります。

そのため、商品の価格は下げざるを得ず、結果的に得られる利益は少なくなります。
「MAGIC転売」では、ツールを使って商品をリストアップするという仕組みを使っていると述べられています。
これを参加した多くの方が実践すれば、飽和するのは目に見えています。

多くの人が似通った商品を販売しているわけですから、いくら売れるとはいっても、1人当たりの売り上げは下がります。>

転売の過程が全て明らかになっていない

レターページで語られているのは結果を中心に述べているだけであり詳しい転売の過程についてはそれほど詳しく説明されているわけではありません。
例えば、どのような商品を仕入れて、いくらで売っているのか、それによっていくらの利益が出るのかなど、この辺の過程については一切述べられていません。

「ECツール」が何とかしてくれると謳ってはいますが、肝心の内容については一切公開されていません。
おそらく参加した人だけに説明をする体を取っているのかもしれませんが、こういった勧誘に参加するだけでもリスクがありますのでおすすめはできません。

怪しい勧誘の多くは、「結果」については目立つように書いているのですが、儲かる「過程」については、納得のいくような説明を十分にしていないというパターンがあります。
「MAGIC転売」に関しても、過程については十分な説明がなされていないといえるので、本当に稼げるのかどうかについては怪しいところです。

「MAGIC転売」のEC転売塾に参加するリスク

「MAGIC転売」では、参加を考えている人に対して「EC転売塾(無料バージョン)」への参加を勧誘しています。
そして、「EC転売塾」への参加と共に、

「Amazon実践カリキュラムサイト」
「誰でも月収10万円確定HAPIツール」
「Amazon輸入で儲かる商品リスト100」
「1万円以上の価格差がひと目で分かるツール」
「副業を始める前に知っておくべきこと」
「5~10万円を稼ぐスタートアップ・マニュアル」
「LINE・メールサポート無制限」

といった7つの特典を受け取ることができます。

「無料だから大丈夫」と思ってしまうかもしれませんが、向こう側の思惑としては、無料の塾に参加させることがスタート地点ととらえています。
その中で、あの手この手で説明を行い高額な商材を購入させることも考えられますし、無料版をいわゆる体験版のような形で提供して、本編として高額塾への参加を勧誘される可能性もあります。

おそらく無料で得られる特典を使って思うように稼げる可能性は少ないですし、無料塾でも十分な説明はなされないでしょう。
それ以上深入りした時に、お金を騙し取られるリスクが高まります。

そういったことを防ぐためには、無料だからといって勧誘に飛びつかないこと、参加せず無視することが重要です。これまでの説明でも述べたように、「MAGIC転売」で稼げる可能性は低いと考えられます。
リスクも高いですし、こんな業者に投資するぐらいであれば、自分に投資した方がましです。

「MAGIC転売」がインチキだったときの対策をまとめる

最後に、もし「MAGIC転売」に参加してしまい高額な商材を購入させられたり、高額な塾へ参加したにも関わらず、全く持って収入を得ることができなかったと、騙された形になったときの対策についてまとめていきます。


まず、最初に考えることは所定の機関への相談です。
警察消費生活センターに相談を持ち掛けることで、適切な対処法を教えてくれるでしょう。
また、訴訟を起こして返金を求めるという方法もあります。

ただ、向こうもプロなので、返金対策などは十分に行っていると考えられますし、個人的な訴訟では裁判費用などが大きな負担になってしまう可能性もあります。
そのため、訴訟を検討されているのであれば、同様の被害者を集めて行う「集団訴訟」がおすすめです。費用面での負担が軽減できますし、訴訟によって返金を勝ち取る可能性も高まります。
もし悪質な業者に騙されてしまった時には、これらのことを思い出しましょう。

まとめ

「MAGIC転売」は、提示されている説明を分析する限りは再現性に乏しい手法であることが考えられます。
参加したとしても期待するような結果を得ることは難しいと思われるため、近づかないにこしたことはないでしょう。
また、同じような内容の勧誘にも引っかからないように注意してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする