爆速即金ゲットの口コミ!画像を送るだけで稼げる?

最近は政府が副業を推進している事もあり、副業に対する見方が変わってきています。
副業の中でも、とりわけ人気があるのがネット副業で、多くの稼ぎ方がGoogleの検索結果に表示されるようになりました。
ただネット副業の全ての情報が正しい訳ではなく、詐欺的な情報も多く、騙されてしまう方もおられます。

・画像をタップするだけで稼げる

・文字を書くだけで月収100万

・ネット初心者でもすぐに稼ぐ

などのような謳い文句は、危険です。
ネット副業は楽なイメージがあるかもしれませんが、決して楽な事はありません。
私もネットビジネスで4年ほど生活をしていますが、1日中パソコンと向かい合って、SEやプログラマー並にキーボードを叩き続ける毎日なのです。
画像をタップするだけで10万や20万稼げるのならば、皆やっていますよ…。

実は私もネットビジネスを始めたばかりの頃は、この手の「楽して儲かります」というのに引っかかってしまって、3万ほど溝に捨ててしまった事があります。
3万で買った情報商材がたった20ページしかなくて、完全に騙された事が分かりました。
楽に稼げるビジネスは存在しません。
「簡単に稼げます」と謳っている情報商材は詐欺ばかりなので注意してください。

今回は楽に稼げるを全面に押し出している怪しい情報商材「爆速即金ゲット」について解説をします。

「爆速即金ゲット」は詐欺なのでしょうか?

爆速即金ゲットの実態について

こちらの商材の実態について解説をします。

爆速即金ゲットとは

写真を撮って送るだけで、収入を得られるビジネスモデルを紹介している情報商材の1つです。文字を書く必要がなく、スマホだけで稼ぐ事ができるので、非常に注目を集めた情報商材でした。
実際に稼いでいる方の口コミもあり、中には1週間で20万以上も稼いだ方もいるみたいです。
1週間で20万なら、1ヶ月なら80万ぐらい稼げる計算になりますから、写真を送るだけで、これだけ稼げるのなら試してみる価値はありそうですよね。
多くのネットビジネスはパソコンを持っている事が前提で話が進んでいきますが、スマホだけで稼げるビジネスモデルはほとんどありません。

ある意味、画期的な商材なので「爆速即金ゲット」は凄い情報商材です。

爆速即金ゲットが凄すぎる4つの理由

凄い4つの理由を紹介します。

写真を送るだけで稼げる

爆速即金ゲットの作業は、写真を送るだけという非常に単純な作業です
どんなに頭が悪い人でも写真を送る事は誰だってできます。
下手すると小学生低学年であっても、写真を送る事はできるので、スキマ時間の暇つぶしにも稼ぐ事ができるのです。

ほとんどのネットビジネスは、もっと複雑で稼ぎにくい物ですから、爆速即金ゲットは、「楽さ」を追求したビジネスなのでしょう。

スマホタップで月収200万のノウハウが貰える

爆速即金ゲットを購入すると特典として、「スマホタップで月収200万を稼げるお手軽な副業術」が手に入ります。
スマホだけで月収200万を稼げるビジネスなんて聞いた事がありませんから、世界初の最強のビジネスと言っても過言ではありません。
スマホだけで簡単に月収200万も稼げるのなら、

・遊びながら

・趣味を充実させながら

稼いで生活する事ができるので、毎日を充実させる事ができますよね。
「お手軽」な副業術なので、そんなに大変な事も求められないでしょうから、写真を撮って送っておけば、それだけで稼げるようになるでしょう。

仮想通貨10万相当

「副業術」の他にも、「仮想通貨」の特典があります。
しかも仮想通貨「10万円相当」なので、非常に高額なマネーが手に入ります。
現金化に成功すれば、10万が特典で手に入りますから、損することはありません。

これだけ太っ腹なのは、作成者である遠藤純一さんが儲けまくっているからなのでしょう。

大手企業も参入しているので安心

こちらの商材は大手企業も参入しているそうです。
大手企業は詐欺をしているような会社とは絶対組まないので、大手企業が参入しているという事は詐欺である可能性が限りなく低くなります。

もし詐欺会社と手を組んでいたら、ニュースに取り上げられて信用の失墜となりますので、絶対に詐欺会社とは手を組まないでしょう。

爆速即金ゲットは購入すべき?

写真を送るだけで稼げる素晴らしい商材です。
特典もメリットしかありませんから参加しない理由がありませんよね?
爆速即金ゲットは安心・安全で、絶対に買うべき情報商材です…

ってそんな訳ありません!!
爆速即金ゲットは悪い噂だらけで、被害者が続出しています!!
爆速即金ゲットは消費者庁も注意喚起するほどの、詐欺的な情報商材なので絶対に買ってはいけません!

購入すべきではない理由

爆速即金ゲットを購入すべきではない理由を紹介します。

具体的な稼ぎ方が分からない

爆速即金ゲットの購入ページを見ても、「写真を撮って送るだけ」という作業内容しか書かれておらず、なぜ写真を撮って送るだけで収入を得る事ができるのかが分かりません。
収入の経路などが全く記載されていませんし、具体的な仕事内容の情報が無いのです。

書かれているのは「写真を撮って送る」という文面だけであり、作業の具体性が全くないのです。優良な情報商材は、稼ぎ方が非常に具体的に書かれており、こんな単調な説明は絶対にあり得ないです。

おそらく

・ネットを始めたばかりの人

・ネットリテラシーの低い人

を対象としているのでしょう。
ネットに精通している人ならば、こんな胡散臭い広告で商材を買う事は絶対にありませんが、ネットに詳しくない人ならば買ってしまう危険性があるのです。
そもそもホームページに具体性が無さ過ぎる時点で、作成者が儲ける為だけに作られた情報商材であることが分かります。

一体何で稼げるのか分かりませんし、LPには「楽に稼げる」というような、甘い言葉ばかりが並んでいて、具体性が全くありません。

信用ある情報商材の場合は、

・ツール名

・稼ぐ経路

・どんな仕事内容なのか

など詳しく書かれていて、そこから更に稼げる手法を伝授できる、という物なのです。

高額コースの被害者の口コミがある

ネットで検索していると、爆速即金ゲットから誘導されて2万ほどの情報商材を買った後に、更に高額コースへの入会の勧誘をさせられた人の口コミが多数ありました。

・情報商材⇒高額コース勧誘⇒稼げない

という手法は、詐欺系の情報商材には非常に多い手法で、数年前にかなりの問題になりました。
流石に現在もそんな手法を使って情報商材を販売している会社があるとは思いませんでしたが、未だに爆速即金ゲットは、その手法で荒稼ぎをしていたようです。
お金がない人に高額コースに入会させる為に借金するように催促したりしていたみたいで、その辺で社会問題になっているオレオレ詐欺と変わらないレベルの手口にしか思えません。

高額コース系の商材は買っても99%稼げないと思っていいです。

そもそも今の時代、高額コースに入らなくても稼げる情報なんて、検索テクニックを駆使すれば得る事ができます。

情報商材屋が販売している「情報」に数十万の価値なんてありませんから、10万を超える場合は、詐欺だと考えて問題ありません。

情報商材に10万も払うのならば、その10万で起業したりして稼ぐ仕組みを作った方が、遥かに利口だと思います。

ベストセラー作家の本ですら1000円台で買えるのに、何処の誰か分からない無名の人間が書いた書籍に10万も払うなんて有り得ないです。

消費者庁が注意喚起

爆速即金ゲットを運営している株式会社Questは消費者庁から注意喚起を受けています。

消費者庁のホームページの「財産にかかわる危険」というカテゴリでは、2018年10月17日に、株式会社Questの「爆速即金ゲット」についての注意喚起のPDFが掲載されています。

爆速即金ゲットでは、メールアドレスやLINEに登録させて、そこから18000円の情報商材を売り付けてきます。
そして情報商材購入後に、更に稼げるサービスがある、と謳い、高額コース(10〜100万以上)に契約させるのです。

「次のクレジットの支払いまでには稼げます」と良い、借金させてコース契約させているので、非常に悪質な手口だと思われます。
ちなみに消費者庁の調査により、こちらの情報商材の中で稼いだと言われている1期生の4名に関しては、実際は稼いでいない事が判明しています。

稼げていないのに、稼いでるように装って、消費者に嘘の情報を信じ込ませて、コースに入会させていた事になるのです。

途中で出てくる毎月10万も稼いでる1期生などは存在せず、嘘の情報でした。
騙されてしまっていた方もいるのではないでしょうか?
消費者庁から個別に注意喚起を受ける情報商材は少数なので、被害者の人数も多かったのでしょう。

消費者センターには、株式会社Questからの被害の声が多く来ており、消費者庁から注意喚起が出たとのことです。

詐欺の情報商材を買って大金を払ったら…

爆速即金ゲットのような詐欺的な情報商材を買ってしまい、大金を払ってしまった場合は、どうすれば良いのでしょうか?

消費者センターに相談

まずは消費者センターに相談して、自分の被害を伝えてみましょう。

悪質な場合は相手の会社に対して何らかのアクションがありますし、同じような被害者が増えれば、消費者庁からの注意喚起があるはずです。

また被害が増えればメディアに取り上げられる可能性もありますから、消費者センターに相談するのは絶対です。

メディアに取り上げられたら、会社側も大っぴらに詐欺商材を売り続ける事はできなくなります。

専門家に相談

消費者センターに相談しても解決しなさそうなら、弁護士に相談するしかありません。
相談だけなら無料〜1万ぐらいの間で対応してくれるので、一度話してみる価値はあるでしょう。
ですが裁判などになると弁護士費用がかかってしまって、庶民では払える金額では無くなってきます。

詐欺情報商材で、大金を払った後に、更に裁判費用も払っていくなんて厳しい人が大半でしょう…。

既に借金まみれで破産寸前の人もいるでしょうから、裁判よりも前に自己破産で弁護士にお世話になる人の方が多そうです。

集団訴訟できるプラットフォーム

爆速即金ゲットなどは消費者庁から注意喚起は受けていますが、それでも既に被害に遭った消費者に対しては、ほとんど返金などはしてないでしょう。

なので、支払った金銭を取り戻すには裁判を起こすしかないのですが、なかなか個人で裁判を起こす事は難しいのです。
そこで同じ被害者と弁護士が一団となって集まる事により、集団訴訟の手助けとなるサービスが生まれました。

それが「matoma」という集団訴訟のプラットフォームです。

matomaで被害者と弁護士が1つに

matoma」では爆速即金ゲットのような悪質な情報商材の被害者が集まり始めており、既に被害者の口コミが伸びてきております。

一定の被害者が増えてくれば、集団訴訟の準備に入り、弁護士と一緒に裁判を起こす事ができます。
今までは情報商材の被害者の99%は泣き寝入りしか無かったのですが、これからは集団訴訟によって被害者が勝つ事ができる世の中になりそうです

被害を共有する事によって、同じような被害者が救われる可能性があります。

まとめ

今回は情報商材「爆速即金ゲット」の口コミ、評判についての記事となりました。
爆速即金ゲットのホームページには、漠然とした方法しか書かれておらず、具体的な手法がほとんど公開されていません。

また実際に被害に遭われた方が多く、消費者センターに相談が多数寄せられた結果、消費者庁から注意喚起をされる事になっています。

実際に消費者庁の注意喚起はメディアにも取り上げられていたので、株式会社Questの信用は失墜したのではないでしょうか?

もし爆速即金ゲットや、他の株式会社Questの情報商材で被害に遭った方は、「matoma」で被害を共有して、集団訴訟の準備に入りませんか?

このまま泣き寝入りするのも嫌でしょうから、情報を共有するだけでも被害者が救われるかもしれません。
1人だけだと訴訟を起こす気にならないかもしれませんが、被害者が何十人も集まり、そこに弁護士の手助けもあれば、一気に集団訴訟が現実味を帯びてきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする