田中保彦さんの評判は?経歴とビジネスモデルをチェック!

田中保彦さんは大手会社の代表取締役社長を務め、現在では様々なビジネスを手掛けている経営者です。信念をしっかり持っている方で、大手会社の代表取締役社長を辞任するときも自分の持論をしっかり持って辞任しました。もともと、大きな挫折を経験してからのスタートだったため、努力も大きくしてきた人ではないでしょうか。そんな田中保彦さんの評判や、ビジネスモデル、現在についてひも解いていきましょう。

田中 保彦のネットでの評判は?

田中保彦さんはインフォトップの元代表取締役社長でした。インフォトップは情報商材を扱うビジネスを展開してきた会社になります。この代表取締役を務めていたため、 ネームブランドは非常に高いものがあります。現在、ほかの会社を立ち上げ、起業家のサポートを行っています。こちらでもビジネスモデルの情報商材を販売するビジネスを行っていますが、非常に評判が良いです。なかなか情報商材の販売というものは批判的な意見が多い印象があるのですが、田中保彦さんが提供する情報商材に関しては、高評価を得ているものが多いです。これは、過去の会社員時代に培われた営業力と、社長としてのビジネス力があるためにできることなのではないでしょうか。

田中 保彦の経歴や略歴は?

田中保彦さんは1972年に兵庫で生まれました。大学は甲南大学で、大学卒業後は就職をしていませんでしが。そのころは家業を手伝いながら、アルバイトをしていたみたいです。その後、大手会社に営業で就職します。そこからケーブル会社に転職しますが、ここで転機が訪れます。株やFXに興味を持ったため、脱サラすることを決意します。トレーダーとして生きていく決断をしたのですが、相当な勇気がいる決断をしています。その後、トレーダーを目指していたのですが、2006年にある出来事が起こります。それはライブドアショックです。この出来事により、株やFXが大きな失敗に終わってしまいます。この失敗に大きく悲観していたのですが、脱サラしてもインフォトップのアフィリエイターとしての活動はしていました。このインフォトップのアフィリエイターの広告の中にインフォトップが正社員を募集している広告を見つけます。この広告から、田中保彦さんはインフォトップに社員として入社することになります。入社してからは会社の飛躍とともに、田中保彦さんも出世をしていきます。そして、2008年に田中保彦さんは代表取締役社長として、就任します。会社としても大きな飛躍を遂げていきます。2000年代は世界的にも大きな変化を遂げていきました。テレビ・ラジオ・新聞などが衰退していくのと同時にインターネットがどんどん普及されていきます。このインターネットの普及によって、世界は情報があふれる社会になっていきます。そこで価値ある情報を手に入れる方法が重要になっていきます。この情報商材をセミナーや塾によって販売していったのがインフォトップになります。田中保彦さんが就任したから、インフォトップの取引額は100億以上になっていきます。これはとてつもない成果ではないでしょうか。そして、2012年に田中保彦さんはインフォトップの代表取締役社長を辞任していきます。

田中 保彦の現在は?

2012年に代表取締役社長を辞任したときに辞任する理由をこう語っています。「自分が好きな人としか仕事をしたくない」「チャレンジする起業家のサポートをしたこのような理由をもって辞任したのちに、新たな会社を立ち上げます。株式会社アドマーケティングという会社を立ち上げ、やりたかったマーケティングを行うことで、起業家のサポートを行うことをビジネスとして展開していきます。また、出版事業も行っています。サンマーク出版から、『夕方5時から「社長」になる!』出版しており、これがアマゾンランキング1位になるほどの売り上げをあげています。この本は第2の収入源を持つことの大切さと、収入源の持ち方を伝授しています。2018年現在も時代は変化しています。老後の資金がもらえるか不安な若者もいますし、現在の正社員の会社の給料では生活できない人もいることでしょう。お金に関しても仮想通貨が流行るなどして、どんどん時代の流れが変化しているのがわかります。こういった社会の中で生きていくためには、自分のメインの収入源以外にも収入ルートを持っていたほうが良いということです。田中保彦さんは今後も世の中に貢献するビジネスを展開していきそうです。

まとめ

田中保彦さんのネットでの評判や経歴について紹介してきました。田中保彦さんはビジネス活動を通して世の中に貢献しようとしている人ではないでしょうか。自分の状況環境が関係なく、起業家をサポートしたいという信念からそれがうかがうことができます。今後、どのようなビジネス展開をしていくのかわかりませんが、さらに活躍してきことは間違いありません。気になる方は田中保彦さんを調べてみてはいかがでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする