仮想通貨NEM(ネム)の返金はコインチェック社からおこなわれたのか?

仮想通貨の流出があったのはみなさんご存知だと思います。

流出があった仮想通貨はNEM(ネム)というもので、ビットコインまでは有名じゃなくてもその名前を聞いたことがあるという人はいるのではないでしょうか?

仮想通貨の流出があったのはテレビでも放送されたから知ってるけど、流出した仮想通貨や、お金はどうなっているのか知らない人は多いのではないでしょうか。

実は公式に「返金する」という発表が仮想通貨NEM(ネム)を取り扱っていた取引所コインチェック社は発表していました。

その後の動きと、返金された後の税金のお話をまとめましたので、参考にしてください。

1.話題になったNEM流出!仮想通貨取引所のコインチェックは返金された?

NEMの流出はテレビでも放送されるほど大きな出来事でした。

今まで仮想通貨NEMに投資していた人たちは目玉がひっくり返る出来事だったと思います。

2018年1月26日に当時580億円ほどの仮想通貨NEMがハッキングによって、流出shちえいしまいました。

仮想通貨NEMを流出させてしまったのは大手の取引所のコインチェック社でした。

およそ26万人の被害者が出た今回の事件でしたが、コインチェック社側は会見を開き返金することを発表しました。

コインチェック社のすべての通貨は一時出勤停止となり、ユーザーを驚かせましたが、事件の発生より45日がたってから返金が開始されました。

話題になった仮想通貨NEM(ネム)の流出によって、かなりの絶望感を味わった方は多いと思いますが安心してください。きちんと返金は始まりました。

2.NEMはいくらの価格で返金対応された?

1XEM(XEMは仮想通貨NEM/ネムの単位)あたり88.549円で返金をするということで、返金が開始されました。

これは日本円に換算すると約466億円となるもようです。

返金された側からすると、流出してしまった流出していた当時の金額から約2割を下回る金額となっています。

当時は絶望的とされた返金は日本円での対応でした。

コインチェック社は「支払いができないのではないか?」などと思われていましたが、下回る金額とはなりましたが、返金されているので一安心ですね。

3.返金は全員にいきわたったのか?

返金は全員にいきわたったのかという事ですが、コインチェック社は「すべてのユーザーに返金は反映終わっている」との発表がありました。

コインチェック社の取締役・大塚雄介さんが会見を行いました。

約460億円の返金は不可能なのでは?というユーザーの不安の中、完済されたという事で、胸をなでおろしている人も多いと思います。

不可能なのではないかという雰囲気から一転コインチェック社当時の相場から下回ったにしても完済をしたという事でユーザー側の被害は一旦落ち着きましたが、これからの「信頼回復」に関しては時間がかかるのではないかと言われています。

事件の内容からしたら、仕方のないことですね。

他の取引所に関してはユーザーが増え続けているようでコインチェック社から流れてきているようですね。

4.返金で損益確定!2019年の確定申告にどう影響する?

損益に関して、問題になってくるのは確定申告のときです。

課税される場合はきちんと申請しなければなりません。

返金で課税されるのか?というのはかなり色々な諸説がありますが、これも見解によって変わってくるようです。

返金が「弁償金」であることから所得とみなされないため、課税はされない方向で考えているという人もいました。

利益になるものに関しては「課税」されるという見解であったものの、一度流出したことにより「価値」がなくなったものをコインチェック社が「弁償する」という見方になればそれは課税されないので、確定申告には響かないということです。

某インターネット掲示板では「確定申告を済ませてコインも返ってきてホッとした」
という書き込みがありました。

確定申告を穏便に済ませられたようだったので、その人は課税していなかったのだと思います。

そうなると、返金に対して課税はされない説が有力になってきますね。

仮想通貨取引所のコインチェックNEM返金まとめ

流出をしてしまったのだから、流出のとき以上の金額で戻してもらわないと納得をしないという声も沢山聞きました。

たしかに、流出はユーザーの責任ではないのでいろいろと問題はあると思います。

今回はコインチェック社の隙きをついた事件でしたが、そこから返金が不可能にならなくてよかったと思います。

事件当時の金額からは下がったものの、返金なしだった場合はもっと問題になっていたことでしょう。

有名だった大手取引所のコインチェック社がこれからどうなっていくのかも気になるところです。

まとめると・・・

・返金は全員の顧客に換算された
・価格は1XEM(仮想通貨NEMの単位)1XEM=88.549円で返金された
・これは事件当時から2割を下回る
・返金金額は課税対象にならない模様

仮想通貨も一時よりも話題が下火になっていますが、これからの通貨としてはかなり未来性のある便利なものだと思います。

ただ、まだ海外から入ってきて取締が厳しくない分、今回のような事件がおきたりするのだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする