仮想通貨ネムの返金状況とコインチェック社の現状に関して

仮想通貨がブームになり、テレビでも芸能人が「仮想通貨を保有している」と取り上げられるようになりました。

2018年1月28日に仮想通貨NEM(ネム)が流出し、かなりのマイナスになるのでは?と世の中が騒然としたのは記憶に新しいのではないでしょうか?

仮想通貨NEM(ネム)の返金はどうなっているのか?

返金対応はきちんとされたのか?

現在はどうなっているのか?

など、まとめました。

1.ネムの流出から半年!コインチェックはちゃんと全部返金した?

仮想通貨NEM(ネム)の流出から半年が経ちました。

コインチェック社はきちんと全部返してくれたのでしょうか?

結論からいうと、全員の顧客に対し、返金は全部おこないおわったという発表がありました。

今回の騒動は、絶対に解かれてはいけないパスワードをハッカーにより解かれてしまったことが流出の原因です。

会社内部宛のメールアドレスにマルチウェアメール(要はウイルスが入ったメール)が送信され、社員がそれを開いたことによりネットワークシステムに不正アクセスし、遠隔操作されたことからおこりました。

コインチェック社の急激な規模成長に会社内部の対策(人選や対策)がおいついていなかったことが大きく、今回の事件を防ぐことができなかった模様です。

2.コインチェックを救ったマネックスの営業利益が足を引っ張っている?

現在は返金はすべての顧客に反映しおわった、と発表していますが、これからのコインチェック社の動きが気になる人もおおいはずです。

取引所大手のコインチェック社でしたが、今回の流出事件後は「大手の傘下に入るという事が顧客の安全性につながるならそれも視野に入れる」との回答がありました。

これから扱う仮想通貨にかんしても会社の経営状況(内部対策・リスクなど)を十分に検討した上でどの仮想通貨を取り扱っていくかという事を考えているとのことでした。

その後、決算時期をむかえたコインチェック社ですが、上記の懸念点もあったようで、マネックスグループがコインチェック社を36億円で買収しました。

コインチェック社は代表取締役などの役員を変更し、新たなる形で成長していくという事になりました。

営業利益が足を引っ張っているという事ですが、返金金額の466億円が問題となっているのかもしれません。

後述しますが、コインチェック者の利益額や利益率なども考えると一概に足をひっぱっているのか?というと疑問がうかんできます。

3.ネムはいくらの金額で返金されていた?

実際に返金された金額ですが、

1XEM(仮想通貨NEMの単位)88.549円の保有数分でした。

返金後はメールにての連絡がきて、そこから売却をする人が多かったようですね。

仮想通貨NEM(ネム)を保有していた人も今回の流出の件を自分のことだと思っていなかった人もいるようで、急にコインチェック社からの連絡でびっくりした顧客もいたそうです。

仮想通貨NEM(ネム)の保有者は、事件がおこった2018年の1月29日から「コインチェック社が倒産して、保有していたものがまったく戻ってこないか心配でしかたがなかった」という人もいました。

4.コインチェックは現在利益を上げているのか

コインチェック社はマネックスグループに回収され、マネックスグループの傘下に入りました。
そこから営業利益は537億円になり、売り上げたかは626億円と、かなりの利益をあげているようです。

コインチェック社は仮想通貨NEM(ネム)だけでなく有名なビットコインなどその他13ほどの仮想通貨を取り扱っています。

NEM(ネム)の返金で473億ほどマイナスになりましが、純利益は63億円だったそうです。

業界では「荒稼ぎ」と言われるほどの利益をあげているので、これからの成長っぷりや、仮想通貨NEM(ネム)の流出事件で失った信用をどう戻していき更に起動にのせるのかというところが気になるところですね。

仮想通貨のネム返金対応まとめ

一時はテレビニュース・ネットニュースを騒がせた仮想通貨NEM(ネム)の流出事件。事件から半年が経ち、事件に関する関心も減ってきたのではないでしょうか。

ただし仮想通貨の保有者からすれば、これからの動きなどがとても気になりますよね。私自身もコインチェック社が買収され、マネックスグループの傘下に入ったことでこれからの動きがとても気になります。

返金対応は1ヶ月半とかかったものの、絶望的とされていたその対応も今ではインターネット上では「神対応」とまで呼ばれています。

たしかに絶望的とされていた返金が価格が当時から下回ったとしても、自分の手元に返ってきたのは奇跡的だと思う人が多かったのでしょう。

色々と不安があったものの、無事全部返金されて本当によかったです。

今回の記事をまとめると・・・

・仮想通貨NEM(ネム)の流出事件から1ヶ月半で返金が開始された
・1XEM(仮想通貨ネムの単位)88.549円で返金対応がされた
・コインチェック社はマネックスグループに買収された
・コインチェック社の現在の地駅は537億円で業界からは荒稼ぎと言われている

ということでした。

ハッカーの目の付け所と脇があまかった今回の事件ですが、同じ事が繰り返されないようにセキュリティー面ではきちんと対応してもらいたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする