総合情報雑誌”ウェッジ”が迫った”副業解禁”とは?

2016年安倍内閣発足!

”働き方改革”を進めると明言!

そして担当相が新設され国内総生産
GDP600兆円を目指す!

その中では

”働く人を増やす”
”1人当たりの生産性を高める”
”付加価値のある新規事業”

上記の事がGDPを上げるために
必要だと言っています。

それを可能としているのが”副業”です。

その”副業”の重要性と変化を語ったビジネス情報誌
”ウェッジ(Wedge)”の内容について紹介します。

1. 副業解禁?!ウェッジ(Wedge) が伝えた働き方改革とは

ビジネス情報誌ウェッジ(Wedge)が伝えた副業とは?

日本はこれまで終身雇用という形の
雇用が一般的でした。

そのせいなのか、今だに副業というと
良い印象を受けない人が多いのではないでしょうか?

そして実際に副業は本業に影響があるから、
良くないと思っている人も多いのではないでしょうか?

そんな中情報誌ウェッジ(Wedge)では
2016年9月号で”副業解禁”の
大々的見出しを打ち出しました。

内容としては

”副業に対する企業の変化”
”副業解禁が与える影響や効果”
”副業解禁のリスク”

このような内容を伝えています。

ここからはその詳細について見ていきましょう。

2. ウェッジ(Wedge) が伝えた副業解禁に対する企業や働き方の変化

現在世の中は色々と変化が起こっています。

先にも述べたように終身雇用で人材育成を
行ってきた時代は徐々に縮小傾向にあると言われています。

職種や環境の変化に応じて働き方が変わってきているといいます。

以前は製造業が産業の中心となっていました。

しかし現在はどうでしょうか?

ITの進歩により変化が起きました。

今や低資金での開業が可能となり、
仕事をする場所も選ばなくなりました。

こういった背景もあり、
企業にも副業に対する変化が生まれました。

まずは”副業を認める”企業が増えました。

むしろ”副業”を推進する企業も出てきたといいます。

これまで”副業NG!”と謳ってきた
企業が何故一転して”副業解禁”に
踏み切ったのでしょうか?

それは副業がもたらす効果にもあるといいます。

その副業がもたらす効果とは
一体どのようなものなのでしょうか?

3. ウェッジ(Wedge) が伝えた副業解禁の効果

それでは副業がもたらすメリットについて
見ていきたいと思います。

副業には数多くのメリットがあると
言われています。

人それぞれでメリットにならない部分もありますが、
紹介すると以下のようなものがあります。

〇金銭的な余裕が出来る

副業を行う事で空いた時間に
稼ぐ事で金銭的余裕が出来ます。

また、金銭的余裕から心にも
ゆとりが出来るといったメリットもあります。

〇勉強ができる

もちろんどこかの会社で働いていても
勉強はできます。

しかし本業とは異なる仕事を行う事で
色々な経験ができるといいます。

現在では終身雇用を考えず
次の会社は・・・

と考える時代になってきています。

その時のためにも、色々な経験を持ち
勉強しておく事が大きな財産となります。

また、独立する際にもあらかじめ
副業で経験して置く事で、
リスクが軽減されるといいます。

〇副業を禁止でも人材確保ができない

これまでは人材確保のために
”副業禁止”を打ち出している企業もありました。

しかし現在では反対に閉塞的と取られて、
悪印象となる事が多くなってきています。

〇経営者目線の経験が出来る

色々な副業が考えられます。

その中で自らが運営する立場となり、
経営を行う側として経験を積むことが出来ます。

そのようにして、これまでの目線と違う所から見る事で
多様性が身に就きます。

〇積極的に働く事が出来る

現状仕方なく仕事をしている人も
少なくないのではないでしょうか?

例えば、あまり自分にはあっていないが
家族もあってやめるわけにはいかない。

しかし、企業や転職となると
失敗した時のリスクが大きい。

このような状況の方も多いと思います。

そんな中”副業”を行う事で
新たな発見ややりたい事にも取り組める。

全ての解決とは言えないものの、
このような解決の糸口にも貢献しています。

このようにしてメリットが存在します。

政府としてもこのように副業を行う事によって、

”一人当たりの生産性の向上”

ITの進歩によって事業展開の
リスクが下がった事による

”労働者の増員”

色々な新規事業の展開による

”新規事業の展開”

このようにして政府が打ち出した
”働き方改革”にマッチしています。

その為GDPの向上に効果があると期待されています。

4. ウェッジ(Wedge) が伝えた副業解禁のリスク

ここまで副業について述べてきて

”いいことだらけじゃないか!”

と思う方も多いと思います。

今は確かに副業をする事によって
メリットは大きいと言えます。

しかし、反対にリスクやデメリットは
ないのでしょうか?

ウェッジではそのリスクについても
言及しています。

〇副業の成功による人材流出

副業で成功した人が本業である
会社を辞めてしまう。

そうした事によって企業は人材の
確保が出来ないのではないかと言われています。

しかしウェッジの中で
副業を促している企業では
一様にこう答えたといいます。

”流出するならそれは副業のせいではない”

副業をする事によって
外部の知識や人脈を得る事できる。

自分のやりたいことをやるために
本業の時間意識の向上にもつながると書かれています。

〇労働法の問題

副業を解禁すると”労働法”による
時間制限や社会保険料の支払いに
対応しなければいけない必要がある。

ウェッジではこの事も指摘しています。

労働基準法では1日の労働時間が
8時間とされています。

しかし、従事する副業を選択した場合
その8時間を超えた労働には
割り増し賃金を支払わなければいけません。

また、過労による労災の責任にも
所在が不明だと指摘しています。

ウェッジでは副業のリスクとして
上記のような問題にも注視しています。

いずれにしろ問題は本業である企業への
ダメージという事となるのではないかと思います。

5. 副業解禁の記事はウェッジ(Wedge) 2016年9月号で確認!

ここまで”ウェッジの副業解禁”
に沿って紹介をしてきました。

副業に対しての考え方や変化が
実際に起こってきています。

事業も短命化してきている中で、
社員と全員見切れないという正直な企業もあります。

一つの技術をしっかりと磨くのも一つですが、
マルチな技術を身に着けてアイディアで稼ぐという方法もあります。

この記事ではざっとウェッジの副業解禁について
述べてきましたが、まだまだ面白い内容もあります。

副業を実際にしている人を取材した記事もあり
”なるほど”と思う事もありました。

その中では6人の事例もあり参考になります。

副業に少しでも興味があれば
面白いと思いますので
Wedge 2016年9月号を見てみて下さい!

きっと皆さんの参考になるはずです。

・Wedgeの購読はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする